未分類

【無料】プログラミング初心者は必ず登録しておきたいエラー解決のためのQ&Aサイト『teratail』(テラテイル)

この記事では、プログラミング初心者のあなたに必ず登録しておいてほしい、プログラミングに関する質問に対して回答がもらえる「エラー解決のためのQ&Aサイト」『teratail』(テラテイル)についてご紹介していきます。

あなたは今、このような悩みを抱えていませんか。

質問者さん

プログラミング学習をしている上で出てきた質問や疑問、エラー表示の解決法について答えてくれるようなWebサービスはないかな?

プログラミング初心者が学習をしている中で出てくる一番の壁が「エラー解決ができない」ということではないでしょうか。
どのプログラミング言語にも言えることですが、プログラミング初心者にとって度重なるエラーの解決は非常に難易度が高いもの。

私もプログラミングを独学している時、次々と出てくるエラー表示を解決しようと試みましたがなかなか解決ができず、しばらく学習を放置していたことがありました。
ですが、プログラミングスクールのテックキャンプを受講したことでエラー解決についての方法を色々と知ることができました。
その内の1つがこちら。

プログラミング初心者のエラー解決の強い味方『teratail』(テラテイル)
teratailはプログラミング学習を継続していく上で確実に利用すべきWebサービスです。
質問の投稿も回答も、解決済みの投稿を見るのもすべて「無料」です。
teratailを活用することで、学習の途中で出てくる疑問・質問を解決することができるようになります。
プログラミング初心者向けエラー解決サイト『teratail』->無料登録してみる

(この記事は3分ほどで読めます。読んだ後には「teratailを登録して試してみよう」という考えが自分の中で理解できた状態になります)

ではここから、詳しくご紹介していきます。

teratailとは

teratailはプログラミングに特化した「無料で使える」エラー解決のためのQ&Aサイト

プログラミング学習やサービス開発中で出てきたエラーについて質問投稿をすると、他のエンジニアから回答をしてもらえるサービスです。
プログラミング学習をしていく上でこんなに便利なサービスは他にありません。しかも会員登録をするだけで、すべて無料で使えるというのが驚きです。

そして登録しているエンジニアのみなさんは技術力・対応力が高い方が多く、質問に対してすぐに回答をもらえることが多いです。
回答率も90%以上と非常に高いので、比較的どんな質問に対しても何らかの回答をもらうことができます。

teratailのデメリット

質問内容によっては回答に少し時間がかかる

基本的にはteratailの登録者であるエンジニアのみなさんは回答が早いため、質問に対して数時間から翌日には回答が来ますが、まれに質問内容によっては回答が来るタイミングが遅くなる場合があります。
その例としては、「質問の意図がわかりにくい場合」「難しいエラーの場合」「十分にエラーに対しての記述ができていない場合」など。

質問投稿をする際には、第三者から見てわかりやすく詳細まで記述することを心がけましょう。
そうすることで、他のエンジニアからの回答を早くもらうことができます。

teratailのメリット

すでに解決済の質問から、自分と同じエラー解決法を検索できる

teratailで質問投稿をする前にしてほしいのが、自分と同じエラーの解決法がすでに投稿の中にないか検索するということ。

teratailには日々新しい質問が投稿され、そして解決されていきます。
あなたと同じエラーの解決法がすでに投稿されているということが十分にありえるのです。
ですからまずはエラーが出たあと質問投稿をする前に、すでに同じエラーについての投稿がされていないかどうかを検索してみてくださいね。

明確で詳細な質問に対してはすぐに回答をもらうことができる

先ほどのデメリットでも触れましたが、teratailに登録しているエンジニアのみなさんは優秀な方が多いので、明確で詳細に記述された質問に対してはすぐに回答をもらうことができます。

私も定期的に利用していますが、感覚値として数時間から翌日には回答をもらうことができています。

その際に重要なのは、回答をいただいた方に対して最大限の敬意を払うこと。
感謝の気持ちで接することで、回答をいただいた方と良好な関係を築くことができます。

なお、プログラミング初心者に人気のプログラミング言語RubyのフレームワークRuby on Railsのエラー解決法のヒントについて、こちらの記事で一部ご紹介しています。
【保存版】プログラミング言語のRuby on Railsを学習する上で出てくるエラーを解決する方法

teratailの登録方法

1)ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力する

2)登録したメールアドレスにメールが届くのでリンクをクリックする

3)登録完了したので、次へ進むをクリックする

4)興味のある分野のタグを登録する

5)teratailをはじめる準備が完了

teratailの使い方

解決したいエラーについて質問する

下の画像を見ていただくとわかると思いますが、teratailの質問投稿画面は非常にわかりやすい設計になっています。
どこに何を書けば良いのかがあらかじめ書かれていますので、指示の通りに質問内容を記述していきましょう。

解決したエラーについて、自分なりに解決法をアウトプットしてみる

teratailの登録会員から教えてもらった解決方法について、ブログなどを活用して自分なりにアウトプットしてみましょう。
エラーを解決したその瞬間には覚えていたことも、時間が経てば忘れてしまったりします。
次にそのエラーが出てきたときに迅速に解決できるように備忘録としても使うことができます。

また、teratailの投稿で同じようなエラーの症状が出ている登録会員に対して、解決法を提示することも良いアウトプットになります。

ぜひアウトプットするところまでをワンセットとして考えて実践していきましょう。

その他のエラー解決方法

ググって調べる

teratailのサービスを使っていくと、エラーの解決方法について少しずつ理解が深まっていくと思います。
その上で、Googleなどの検索サービスを使ってエラー解決方法を投稿しているWebページを見ていきましょう。

「エラー内容 解決方法」などで検索すると、エンジニアの方のブログで解決方法が紹介されていたりします。
それを読み解きながら、自分なりにエラーの解決をしてみましょう。

こういったことを繰り返していくことで、あなたのエラー解決スキルはどんどん向上していきます。

プログラミングスクールを受講する

プログラミングスクールでは、さまざまなカリキュラムを受講することができます。
そして重要な存在がメンター(講師)です。
カリキュラムを進めている中で出てくる数々のエラーも、メンターに質問すれば迅速で的確に教えてもらえます。
それを繰り返すことで、あなたのエラー解決スキルも向上していきます。

実際に私も受講したテックキャンプのメンターは親切で丁寧な方が多かったです。
短期間でプログラミングスキルを身に付けたいと考えている人は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

最後に|まずは無料登録して質問をしてみよう

teratailはプログラミング学習やサービス開発を進めていく上で、非常に役にたつサービスです。
上手に活用して、エラー解決に役立てていきましょう。

teratailはこちらから無料で会員登録ができます。
今すぐ登録して、実際に質問してみましょう。

プログラミング初心者向けエラー解決サイト『teratail』->無料登録してみる