テックキャンプ

TECH::CAMP(テックキャンプ)返金制度・退会方法について各コースを網羅して解説

テックキャンプ返金制度のアイキャッチ画像

この記事では、テックキャンプ卒業生の私イツキ( @ronshi777 )がTECH::CAMP(テックキャンプ)退会時の返金制度についてご紹介していきたいと思います。

質問者さん
質問者さん
テックキャンプの受講を考えているんだけど、返金制度はあるのかな?あるとしたらどのような形で受け取ることができるのかな?

あなたのそんな疑問にお答えします。

その前に、私イツキについてカンタンにご紹介させていただきます。

本記事の信頼性

イツキ
イツキ
過去にプログラミングを独学して挫折経験あり。

その後、テックキャンプを2ヶ月間受講。

Webサービス開発スキルを習得。

本業ではプログラミングを活かし、RPAエンジニアに。

プログラミングスクールへは独自取材を行い、記事を執筆しています。

RPAとは?
RPAの解説イメージ画像

RPA(Robotic Process Automation)をカンタンに言うと、人間が行なっているPC作業をロボットに任せることで業務時間を削減する、働き方改革の時代に必須のツールです。

それではまず、疑問に対する結論から。

イツキ
イツキ
テックキャンプは各コース別に返金制度を設けています。
期間内に退会を申し出ることで返金を受けることが可能です。

ですので、もし万が一受講し始めて「自分に合っていないな」と感じたなら返金の申請をすれば問題ありません。
返金制度があるプログラミングスクールは限られていますので、受講費用に不安があるならテックキャンプを選択しましょう。

挫折しないプログラミング学習を体験しよう

\7日以内なら全額返金保証あり/

2週間以内なら、無条件全額返金保証あり
\転職できない場合、全額返金保証制度あり/

無料カウンセリングを予約する


2週間以内なら、無条件全額返金保証あり
\転職できない場合、全額返金保証制度あり/

無料カウンセリングを予約する

(この記事は2分ほどで読めます。読んだ後には「テックキャンプ退会時の返金制度」が自分の中で理解できた状態になります)

ではここから、ひとつずつご紹介していきます。

Contents

テックキャンプとは

テックキャンプHP画像引用:テックキャンプHPより

テックキャンプは「プログラミング教養」「エンジニア転職」「デザイナー転職」の3コースを提供する業界最大手のプログラミングスクールです。
エンジニア転職コースの中には「副業・フリーランスコース」も含まれています。

テックキャンプの魅力は何といってもカリキュラムの質の高さとメンター(講師)の親切丁寧な対応、そして転職実績の豊富さです。

プログラミング教養コースでは、これまでの累計受講者数も10,000人以上となっており、業界でも最大規模の実績を誇っています。

エンジニア転職コースは転職成功率99.0%、転職成功者数も400名以上と業界最大級の実績を誇っています。

テックキャンプの返金方法

MacBookでのプログラミングイメージ画像
ここでは、テックキャンプの返金方法について各コース別に解説していきます。

テックキャンプ各コースの返金条件について

テックキャンプでは、すべてのコースに返金保証制度を設けています。

サービス名返金額返金条件
テックキャンプ プログラミング教養コース全額返金学習開始1週間以内の申請で無条件に返金される。
テックキャンプ エンジニア転職コース全額返金1)学習開始2週間以内に指定の退会申請フォームから退会の申し出をすることで返金される。
2)キャリサポートで紹介された企業との選考の結果、就職または転職ができなかった場合に返金される。
テックキャンプ 副業・フリーランスコース全額返金1)学習開始2週間以内に指定の退会申請フォームから退会の申し出をすることで返金される。
2)期間内にプログラミング学習を修了し、かつ副業・フリーランス活動の基準を満たし、サポート開始後2ヶ月が経過しても案件を獲得できなかった場合に返金される。
テックキャンプ デザイナー転職コース全額返金1)学習開始2週間以内に指定の退会申請フォームから退会の申し出をすることで返金される。
2)キャリサポートで紹介された企業との選考の結果、就職または転職ができなかった場合に返金される。

『テックキャンプ プログラミング教養』大阪梅田校の評判・口コミ・感想はこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧下さいませ。

テックキャンプ大阪・梅田校の評判解説記事のアイキャッチ画像
『テックキャンプ プログラミング教養』大阪梅田校の【評判・感想・口コミ】『独学で挫折経験のある卒業生が語る』未経験からのテックキャンプ大阪梅田校プログラミング教養コースの受講が、実際にあなたに合うかどうか知りたいあなたに。 本記事ではテックキャンプ大阪梅田校を実際に受講した際の感想や、Webサービス開発スキルが身につくかどうか、そして評判・口コミについて解説していきます。 また、テックキャンプを受講してエンジニア転職する方法、セミナー、退会手順についても解説していきます。...

『テックキャンプ エンジニア転職』大阪なんばスカイオ校の取材内容はこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧下さいませ。

テックキャンプなんばスカイオ校の解説記事アイキャッチ画像
テックキャンプ大阪のエンジニア転職コース『なんばスカイオ校』の取材記事【評判・口コミ】テックキャンプ大阪のエンジニア転職コース、なんばスカイオ校が実際にあなたに合うかどうか知りたいあなたに。 本記事ではテックキャンプ(旧テックエキスパート)大阪なんばスカイオ校に実際に取材に行った上での感想や実情を丁寧に解説しています。 この記事を読めば、あなたにテックキャンプ(旧テックエキスパート)大阪なんばスカイオ校が適しているかどうかわかるので、ぜひご覧くださいませ。...

レンタルMacは返金保証外になります

テックキャンプではカリキュラムを進めるために必要なMacBookをお持ちでない人のために、MacBookをレンタルしています。

MacBookのレンタルは1ヶ月12,800円(税別)、3ヶ月29,800円(税別)ですが、このレンタル費については返金保証外となりますので、事前に確認しておきましょう。

全額返金保証があるテックキャンプ エンジニア転職コースはどんなところなのか、こちらの記事で口コミ評判をまとめて解説しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。

テックエキスパートの就職先・転職先の解説記事のアイキャッチ画像
テックキャンプ(旧テックエキスパート)は実際どんな就職先・転職先がある?年収は?評判・口コミ・料金は?この記事では、転職保証型のプログラミングスクール『テックキャンプ エンジニア転職』(旧テックエキスパート)コースの就職先・転職先・卒業後の年収についてご紹介していきたいと思います。 また、合わせて評判・口コミ・料金・割引受講・卒業生の年収についてもお話していきます。 この記事を読めば、あなたにテックキャンプ(旧テックエキスパート)が適しているかどうかわかるので、ぜひご覧くださいませ。...

テックキャンプ プログラミング教養コース3つのデメリット

MacBookでプログラミングをしているイメージ画像
ここでは、テックキャンプ プログラミング教養コースのデメリットについて解説していきます。

1)教室に通い続けることができなければ、モチベーションを保つことは難しい

私がテックキャンプ大阪・梅田教室に通いながらプログラミング学習をしてみて感じたのは、『教室で学習している時が一番集中できるし、学習がはかどる』ということ。

もちろん家やカフェで作業している時も学習はできるのですが、やはりわからないところをすぐにメンターに質問できるという環境は大事だと実感しました。

そして、教室では周りの受講生が集中してプログラミング学習に取り組んでいる姿を見て自分も奮起できるというのは、モチベーションを保つ意味で非常に大きな要因でした。

せっかくテックキャンプの教室を使える状況なのですから、時間が許す限りどんどん活用していきましょう。

2)受講できるカリキュラムが多いので、期限内で取り組む内容を決めておかないと効率的に学習が進まない

テックキャンプのカリキュラムはWebアプリケーション、AI、デザインなど幅広いため、あれもこれもといっぺんに手をつけてもなかなか学習ははかどりません。

短期間でプログラミングスキルを伸ばすためには選択と集中が必要なので、まずは取り組むべきカリキュラムをしっかりと決めて、集中して進めていきましょう。

そして集中して進めていく中で大事なのは復習です。
復習を繰り返すことで脳への定着率が上がり、プログラミングスキルをきちんと身に付けることができます。

3)学習意欲が高くなければ、決めたカリキュラムを終えることが難しい

これは非常に重要なポイントで、プログラミングスキルをきちんと身に付けるためにはあなたの学習意欲を高めることが必要です。
テックキャンプのカリキュラムは読みながら手を動かすことでどんどん進めていくことができます。
しかしカリキュラムの量はかなり多いので、学習意欲があまり無く、学習にきちんと時間を割かなければいつまでたっても終えることができません。

ですからテックキャンプでの受講を決める際には「何としても短期間でカリキュラムを終えて、自分の力でオリジナルのWebサービスを開発するスキルを身に付ける」と決意しましょう。

テックキャンプ プログラミング教養コース4つのメリット

MacBookでのプログラミングイメージ画像
ここでは、テックキャンプ プログラミング教養コースのデメリットについて解説していきます。

1)全額保証制度があるので万が一合わなかったとしても安心して学習スタートできる

テックキャンプには全額保証制度があるので、無料カウンセリング・無料体験を受けた後に受講開始をしたあとに、「なんとなく自分には合わないな」と感じた時に返金を受けることができます。

しかも、期間内(プログラミング教養コースは1週間以内)の申請であれば無条件に返金制度を受けられるので、安心してプログラミング学習をスタートすることができます。

2)短期間集中して2ヶ月ぐらい取り組めば、オリジナルのWebサービス開発ができるプログラミングスキルが身につきます

実際に私はテックキャンプを2ヶ月間受講し、オリジナルのWebサービスを開発できるプログラミングスキルを身に付けることができました。

それは自分で期限を設定し、受講している期間は仕事終わりの時間も休日もプログラミング学習だけに捧げてきたことで実現することができました。

テックキャンプのカリキュラムの質は非常に高いので、それを活かせるかどうかはあなた次第です。

3)圧倒的なコスパの良さ。2ヶ月間162,800円(初月無料なので)でここまでのカリキュラムの充実度があるプログラミングスクールは他にありません。

テックキャンプの数あるプログラミングスクールの中でもコスパは非常に高いです。

その理由は月額制ですべてのカリキュラムが学習し放題になっているということ。

プログラミングスクールは通常10万円以上しますが、受けられるカリキュラムは数あるプログラミング言語の中から選択して1種類もしくは2種類程度。
ですがテックキャンプは月額制ですべてのカリキュラムを学習し放題にすることで、学習意欲が高く短期間で多くのプログラミングスキルを身に付けたい受講生にとって大きなメリットを持つサービスになっているのです。

4)メンターが丁寧かつ親切に回答してくれるので、エラー解決もすぐにできて学習のモチベーション維持ができる。

テックキャンプのメンターは他のプログラミングスクールと違い、現役のエンジニアではありません。
ほとんどがテックキャンプの卒業生です。
そのため、プログラミングスキルが非常に高いというわけではありません。

ですが、テックキャンプのメンターは元受講生なので、プログラミング初心者のあなたと同じ目線で教えてくれます。

ですからわからないところがあれば親切丁寧に教えてくれますし、教え方がわかりやすいのです。

私はテックキャンプを受講して、卒業生であるメンターに教えてもらえたことは非常に良かったと感じています。

私がテックキャンプを受講してみた感想『体験談』

MacBookでのプログラミングのイメージ画像

プログラミングに挫折した私が出会ったのがテックキャンプだった

私は過去にプログラミングを独学して挫折した経験があり、それでも何とかプログラミングスキルを身に付けたいと考えていたときに出会ったのがテックキャンプでした。

テックキャンプを受講したことで、私は2ヶ月という短期間でオリジナルのWebサービスを開発できるプログラミングスキルを身につけることができました。

テックキャンプのカリキュラムの質は本当に高い

受講してみて、テックキャンプのカリキュラムは本当に質が高いと実感しました。
プログラミング初心者だった私でも、読み進めながら実際に手を動かしていくことで、どんどんとプログラミングの知識と技術を身に付けていくことができました。

Webサービス開発ができるプログラミング言語RubyとそのフレームワークであるRuby on Railsのカリキュラムでは、簡易なSNSサービスをつくることができるようになりました。

実際に会員登録、新規投稿ができるサービスの開発体験ができたことで、プログラミング学習を続けていくモチベーションが上がりました。
そしてそのような体験をさせてくれたテックキャンプのカリキュラムは、プログラミング初心者の強い味方だと実感しています。

テックキャンプのメンターは初心者のあなたに寄り添って教えてくれる

テックキャンプのメンターは他のプログラミングスクールとは違い、プロのエンジニアではなく多くがテックキャンプの卒業生です。
ですからプログラミングスキル自体はそこまで高くありません。
ですが、テックキャンプ卒業生だからこそカリキュラムの内容はしっかりと把握していますし、メンター自身もプログラミング初心者だったからこそ、受講生のあなたと同じ悩みに共感し寄り添いながら教えてもらうことができるのです。

私も実際、受講期間中はかなりメンターに助けられました。
カリキュラムを早いスピードで消化できたのも、わからないところをひとつずつ丁寧に教えてもらえたからです。

プログラミング初心者なら、テックキャンプを受講することでメンターにサポートしてもらいながら確実にプログラミングスキルを伸ばしていくことができます。

こちらの記事では、私がテックキャンプを受講した際の体験談をくわしく解説しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。

テックキャンプ大阪・梅田校の評判解説記事のアイキャッチ画像
『テックキャンプ プログラミング教養』大阪梅田校の【評判・感想・口コミ】『独学で挫折経験のある卒業生が語る』未経験からのテックキャンプ大阪梅田校プログラミング教養コースの受講が、実際にあなたに合うかどうか知りたいあなたに。 本記事ではテックキャンプ大阪梅田校を実際に受講した際の感想や、Webサービス開発スキルが身につくかどうか、そして評判・口コミについて解説していきます。 また、テックキャンプを受講してエンジニア転職する方法、セミナー、退会手順についても解説していきます。...

あなたがこのような悩み・思いを抱えているのであればテックキャンプがピッタリです

プログラミングを独学して挫折経験がある人

テックキャンプのカリキュラムとメンター制度は、プログラミングで挫折経験がある人でもきちんとプログラミングスキルを伸ばせるような環境が整っています。
ですから、過去に独学していて挫折したことがあったとしてもテックキャンプならプログラミングスキルを確実に伸ばすことができます。

実際に私も挫折経験がありましたが、いまではきちんとしたプログラミングスキルを身につけることができました。

はじめてプログラミング学習を始める人

テックキャンプのカリキュラムとメンター制度は、はじめてプログラミング学習を始める人でも最初からひとつずつ取り組んでいけば着実にプログラミングスキルを伸ばすことができるようなサービスになっています。

あなたがこの条件に当てはまるならテックキャンプが合わない(返金制度を受ける可能性がある)かもしれません

プログラミング学習の画像

プログラミング学習をすることで実現したいことが見えていない人

あなたがいま、プログラミング学習をすることで何を実現したいのかが見えていなければ、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けて講師に質問してみましょう。
この過程を飛ばして学習を始めたとしても、プログラミングを学習する目的意識がなければ途中で挫折してしまう可能性があります。

講師に質問することでどんなことが学べるのかがわかり、学習後にどのようなプログラミングスキルが身についているかが理解できます。
ですからまずは必ず無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

プログラミング学習に費やせる時間があまりない人

せっかくテックキャンプを受講したとしても、プログラミング学習に費やせる時間があまりなければプログラミングスキルの向上は見込めません。
プログラミング初心者が自分でサービス開発ができるようなプログラミングスキルを身につけるためには、300〜500時間は最低費やす必要がありますし、短期間のうちに取り組まなければ学習効率も悪くなってしまいます。

ですからまずはプログラミング学習に費やせる時間をつくることができるように、一日・一週間という単位の中でやらなくてよい事を明確にし、プログラミング学習の時間をつくれるようにしましょう。

最後に|テックキャンプの受講を決める前にこの3点をおさえておきましょう

テックキャンプHP画像引用:テックキャンプHPより

最後にテックキャンプ卒業生の私から、あなたとプログラミングスクールのミスマッチを防いで返金制度を受ける状況にならないために、テックキャンプの受講前におさえておくべきポイントについて解説していきます。

1)受講することであなたがやりたい事を実現できるか確認する

これは非常に重要なポイントで、プログラミング学習をすることであなたが実現したいことを明確にすれば、学習の効率も上がりますし、学習のモチベーションを維持することができます。
例えばオリジナルのWebサービスを開発したいという目的意識があれば、必然的に身に付けたプログラミングスキルがどの部分に役立つのかが明確になります。
ですからまずは、あなたがプログラミング学習を通じて実現したいことを明確にしましょう。

2)教室の雰囲気があなたに合っているかどうか確認する

テックキャンプの教室は学習の集中度を上げるために適度なBGMが流れています。
そして受講生はみんな、プログラミング学習に集中して取り組んでいるので静かに過ごされています。
質問するために手を挙げれば、メンターもすぐに駆けつけて丁寧に教えてくれます。

それを実際に体験してみるためにも、無料カウンセリングのあとの無料プログラミング体験も一緒に受けてみましょう。

3)短期間でプログラミングスキルを確実に伸ばしていくと決意する

プログラミング初心者がプログラミングスキルを身に付ける上で大事なのが、短期間で身につけると意識することです。
短期間のうちに学習・復習を繰り返していくことで脳への定着率が上がり、プログラミングスキルが向上しやすくなるからです。
ですから学習期間は2ヶ月間・3ヶ月間などと明確に期限を決めて取り組むことをおすすめします。

この3点をおさえたあと、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう

無料カウンセリングではテックキャンプのカリキュラムについての説明や、実際の教室の様子などを見て体験することができます。
カウンセリングの後には無料プログラミング体験もあるので、教室で実際にプログラミング学習に取り組んでいる疑似体験ができますし、メンターに丁寧に教えてもらうという体験もできます。

カウンセリングを受けたあと、すぐに受講決定をすれば割引特典を受けることができます。
私も実際にカウンセリングを受けてすぐに受講を決めました。

時間は有限です。そしてプログラミングスキルを伸ばしたいと本気で考えているのなら、無駄にする時間は1秒もありません。
あなたの人生をより豊かにしたいのであれば、いますぐ行動を起こしましょう。

あなたがテックキャンプを受講することで自分が実現したいことに取り組めるきっかけになることを、心から応援しています。

挫折しないプログラミング学習を体験しよう

\7日以内なら全額返金保証あり/

2週間以内なら、無条件全額返金保証あり
\転職できない場合、全額返金保証制度あり/

無料カウンセリングを予約する


2週間以内なら、無条件全額返金保証あり
\転職できない場合、全額返金保証制度あり/

無料カウンセリングを予約する