プログラミング

【専門家が教える】無料でプログラミング学習を始められる教材2選

無料のプログラミング教材紹介記事のアイキャッチ画像

この記事ではプログラミングスクール専門家の私イツキが、プログラミング初心者が無料でプログラミングを学習できる教材についてご紹介していきたいと思います。

質問者さん

プログラミング初心者なんだけど、まずは無料で手軽にプログラミングを学べる教材は無いかな?

プログラミング初心者にとっては、世の中にはどのようなプログラミング学習サービスがあるのかわかりませんよね。
過去の私もそうでした。オリジナルのWebサービスを開発したいという思いが生まれたものの、実際どのような学習サービスを使って勉強すればそれが実現できるのか全然わかりませんでした。
ですが自分なりに調査を行い、実際に色々な教材を使ってみたことで「自分に合う学習サービスを選ぶ」ことができるようになりました。

ですので、この記事では私が試行錯誤してきた結果をお伝えすることで「あなたが今から調べる時間と手間を省いて頂き、短期間で効率的に学習してもらいたい」と考えています。

その前に、あなたの疑問にお答えする私イツキについてカンタンにご紹介させていただきます。

まずは結論から。

プログラミング初心者が無料で学べるプログラミング教材3選
1)『Progate』スライド形式でスラスラ理解することができる
2)『ドットインストール』3分動画形式で非常にわかりやすい
この3つの中からあなたに合う教材を選択してもらえればと思います。
『Progate』-> 無料プランから始める
『ドットインストール』-> 無料プランから始める

(この記事は2分ほどで読めます。読んだ後には「無料で学べるプログラミング教材」が自分の中で理解できた状態になります)

Contents

ご紹介する無料で学べるプログラミング教材について

プログラミング学習の画像

今回あなたにご紹介するのは以下の2教材です。

1)『Progate』スライド形式でスラスラ理解することができる
2)『ドットインストール』3分動画形式で非常にわかりやすい

これらの教材はいずれもサービスとしての質が高く、プログラミング初心者が学習をはじめるのにぴったりの教材です。
では、そんな教材を活用するデメリットとメリットについて、まずはご説明していきます。

無料で学べるプログラミング教材のデメリット

デメリット1)無料で学べる範囲は限られている

無料で学べるプログラミング教材は基本的に『全カリキュラムの一部』が受講可能になっています。
ですので、学びたいプログラミング言語を網羅的に学びたいのであれば、有料プランなどを契約して学習をする必要があります。

デメリット2)やはりコストをかけないと効率的な学習はできない

無料で学べる範囲だけで学習をしたとしても、十分なプログラミングスキルは身につきません。
ですので無料プランで学習したあとに有料プランへ切り替え、学習期間をきちんと決めてプログラミング学習をするようにしましょう。

無料で学べるプログラミング教材のメリット

メリット1)豊富なプログラミング言語から学べる

ご紹介する無料で学べるプログラミング教材はいずれも学べるプログラミング言語が豊富なものが多いです。
あなたが実現したいものによって、必要なプログラミング言語は異なります。
それを知る上でも、まずは無料で学べる範囲で学習をしてみるのが良いと思います。

メリット2)無料なのでリスクなくプログラミング学習が始められる

いずれの教材も無料で始められるので、時間さえあれば金銭的なリスク無く学習を進められます。
まずは無料ではじめてみて、プログラミング学習とはどのようなものなのかを体験してみましょう。

1)『Progate』スライド形式でスラスラ理解することができる

Progateはスライド形式で学べるプログラミング学習教材で、会員登録をすれば一部のカリキュラムが無料で学習できます。
私も実際に使っていますが、Progateのスライド形式の学習方法は「わかりやすく」「楽しく」「着実にスキルが身に付く」のでかなりオススメのオンライン学習サービスです。

Progateのデメリット

デメリット1)実際にどのようにサービス開発していくのかはわかりづらい

Progateの学習方法はブラウザを使って行うため、実際のPC上でどのようにフォルダを作ったりファイルを作って開発を進めていくのかはわかりづらくなっています。

ただ、プログラミング言語の学習を一から順に学んでいけるので基礎という土台をしっかりとつくるのに適しています。

デメリット2)動画教材で学びたい人には相性があまり良くない

Progateの学習方法はスライド形式で学んでいくため、動画教材で学んでいきたいと考えている人にとっては相性があまり良くないかもしれません。

ただ、Progateのスライド形式は図解・イラストが豊富で非常にわかりやすいので、学習しているうちにその良さを感じてもらえると思います。

Progateのメリット

メリット1)イラスト・図解が豊富でプログラミング初心者でも理解しやすい

Progateのスライド形式の学習方法はイラスト・図解が豊富なので、プログラミング初心者にとって一から学ぶのに非常に適しています。
実際に私も学習してみてそのわかりやすさを実感しています。

プログラミング初心者にとってはまず第一にわかりやすいことが重要なので、Progateのスライドはかなり工夫されていることが感じられます。

メリット2)わからない時でもヒントがあるので挫折しにくい

Progateの学習スタイルはスライド形式で概要を学んだあとに実践というかたちになっています。
実際に手を動かしてみてわからない場合にもヒントを表示することができるので、回答を導きやすい仕組みになっています。

Progateで学習できる内容

・HTML & CSS
 Webページの見た目をつくる言語

・JavaScript
 多様な可能性を秘めたフロントエンド言語

・jQuery
 効果やアニメーションを実装できるJavaScriptライブラリ

・Ruby
 直感的に理解しやすく、高い生産性を誇るサーバーサイド言語

・Ruby on Rails
 Webサービス開発に必須のRubyフレームワーク

・PHP
 Web開発に適したサーバーサイド言語

・Java
 大規模開発からモバイルアプリまで、汎用的なプログラミング言語

・Python
 可読性が高く、科学演算や機械学習などにも用いられるサーバーサイド言語

・Swift
 iOSアプリの開発に用いられるモダンかつ高速な言語

・Command Line
 コマンドを用いてコンピュータを操作する開発現場では必須のスキル

・Git
 ソースコードのバージョン管理や共同開発を可能にするツール

・SQL
 データの操作や分析にも使えるデータベース言語

・Sass
 CSSをより便利に効果的に操作する言語

・Go
 Googleが開発した人気上昇中のサーバーサイド言語

こちらの記事ではProgateについてさらに詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。
【無料から始める】Progateの有料プランを利用してみた『評判検証と感想』

2)『ドットインストール』3分動画形式で非常にわかりやすい

ドットインストールのHP画像

ドットインストールはProgateと同様にプログラミング初心者が学習を始めるサービスとしてぴったりです。
ドットインストールの学習方法は3分動画形式。ひとつひとつの動画が短いので、スキマ時間を活用した学習がしやすくなっています。

ドットインストールのデメリット

デメリット1)プログラミング初心者向けなので、高度なスキル習得にはあまり向かない

ドットインストールのカリキュラムはプログラミング初心者向けなので、すでに高いプログラミングスキルを身につけている人にはあまり向かないと思います。
ですが、新しいプログラミング言語を習得していきたいと考えている人にはぴったりの学習サービスです。

デメリット2)スライド形式で学んでいきたい人にはあまり相性が良くない

ドットインストールの学習方法は3分動画形式なので、Progateのようなスライド形式で学びたいと考えている人にはあまり相性が良くないかもしれません。
ですが、ドットインストールの3分動画は本当によくできていてわかりやすいので、学習を進めていくうちに動画形式での学習に慣れていくと思います。

ドットインストールのメリット

メリット1)3分動画形式なのでスキマ時間でもコツコツ学習を続けていくことができる

ドットインストールの学習方法は3分動画形式なので、ちょっとしたスキマ時間を有効活用して学習を進めることができます。
プログラミング学習というのは毎日の積み重ねが大事ですし、少しずつでも学習時間を取っていけば月換算・年換算で大きな学習時間になるのでコツコツ続けていきましょう。

メリット2)有料プランが月額980円で学べるのは非常にコスパが高い

ドットインストールのカリキュラムは一部無料で学習することができ、すべてのカリキュラムを学習するのであれば有料プランを契約する必要があります。
ですがコストも月額980円なので、参考書を購入したりするよりもコストをおさえて学習することができます。

ドットインストールで学習できる内容

・HTML & CSS
 Webページの見た目をつくる言語

・JavaScript
 多様な可能性を秘めたフロントエンド言語

・React
 JavaScriptのフレームワーク

・Vue.js
 JavaScriptのフレームワーク

・Node.js
 JavaScriptのフレームワーク

・jQuery
 効果やアニメーションを実装できるJavaScriptライブラリ

・Ruby
 直感的に理解しやすく、高い生産性を誇るサーバーサイド言語

・Ruby on Rails
 Webサービス開発に必須のRubyフレームワーク

・PHP
 Web開発に適したサーバーサイド言語

・Java
 大規模開発からモバイルアプリまで、汎用的なプログラミング言語

・Python
 可読性が高く、科学演算や機械学習などにも用いられるサーバーサイド言語

・Swift
 iOSアプリの開発に用いられるモダンかつ高速な言語

・SQL
 データの操作や分析にも使えるデータベース言語

・WordPress
 オープンソースのブログソフトウェア

・Unity
 3Dゲーム作成を得意としているゲーム開発ツール

・Scratch
 子ども向けのビジュアルプログラミング言語

『ドットインストール』-> 無料プランから始める

プログラミング初心者が初めに学ぶべきプログラミング言語について

プログラミング初心者にとって、初めにたちはだかる壁が「どのプログラミング言語を学ぶべきかわからない」ということではないでしょうか。
ここではそんなあなたのために、初めに学ぶべきプログラミング言語についてご説明していきたいと思います。

Webアプリケーション開発をしたいならRubyを学ぼう

あなたがプログラミングを学ぶ理由が「自分オリジナルのWebアプリケーションを開発したい」ということであれば、私はプログラミング言語のRubyを学ぶことをお勧めします。

主な理由としては3つあって、1つ目はTwitterやクックパッドなどの有名なサービス開発にRubyが使われているということ。
そして2つ目に、このプログラミング言語Rubyの開発者は日本人であり、プログラミング初心者でもわかりやすい記述でプログラムが動くということがあります。
3つ目としては、RubyにはWebアプリケーション開発を効率化するフレームワークであるRuby on Railsがあるので、プログラミング初心者でも比較的Webアプリケーション開発が簡単になっています。

ですのでWebアプリケーション開発をしたいと考えているなら、まずはプログラミング言語のRubyを学んでみましょう。

こちらの記事ではプログラミング言語Rubyについてさらに詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。
30代プログラミング初心者が【はじめにRubyを学習するべき理由】とは

LINE APIを使ったアプリ開発をしたいならJavaScriptを学ぼう

あなたがもしLINEを活用したアプリ開発をしたいと考えているのなら、プログラミング言語のJavaScriptを学びましょう。

一例としては、LINEのメッセージ上で写真画像をアップすると、その画像に書かれた文字を起こしてくれる「文字起こし君」というアプリがあります。

これはJavaScriptを元にしたGoogleのクラウドサービスGoogle Apps Scriptを使って開発されています。

実際に私もこの書籍を読んでつくってみましたが、個人として活用するにも非常に便利です。
これを使い始めてから、文字起こしのストレスが無くなりました。

アプリ開発の練習にもなりますし、アプリとしての実用性もありますので、ぜひあなたも購入してつくってみてくださいね。

プログラミングスキルの伸ばし方で重要な2つのポイント

プログラミング初心者がプログラミングスキルを伸ばしていくために必要なことは「学習時間の投資」と「復習の鬼になる」ことです。

プログラミング言語を習得するには数百時間以上の「学習時間の投資」が不可欠です。
逆に時間を投資すればするほど、プログラミングスキルを伸ばしていくことができるので、まずこれを念頭に置いておきましょう。

もう一つの「復習の鬼になる」ということですが、人間の脳というのは時間が経過するごとに物事を忘れていく生き物です。
ですが、何度も同じ内容を繰り返し復習することで脳への定着率が向上します。
ですから、特に最初の時期は何度も何度も復習をしていき、学んだことを自分の血肉にしていきましょう。

この2つのポイントをきちんとおさえてプログラミング学習に取り組めば、あなたは必ずプログラミングスキルを伸ばしていくことができます。

無料サービスで学んだあと、プログラミングスキルを効率的にアップさせる方法

今回ご紹介したProgateとドットインストールの無料プランでプログラミング学習を進めたあと、さらに詳しく学んでいくために月額980円の有料プランで学習を進めていきましょう。
この有料プランで学習していけば、まずは基礎的な知識を身につけた段階になります。

そしてその後さらに効率的にプログラミングスキルを伸ばしていきたいと考えていて、なおかつ個人開発でオリジナルのWebサービスを開発したいと考えているなら、私はプログラミングスクールの受講をおすすめします。

個人開発できるプログラミングスキルを身につけるならプログラミングスクールを受講しよう

私がプログラミングスクールの受講をおすすめするのには明確な理由があります。
それは『スキル習得のスピードアップができる』『個人開発スキルの習得ができる』という2つの点があるからです。

プログラミングスクールで受講することで、わからないことをメンター(講師・指導員)にいつでも質問できて回答が得られるという環境があれば、スキル習得のスピードはかなり向上します。

そして個人開発スキルを身につけるためのサポートがあるスクールを受講すれば、プログラミング学習初期段階でも個人開発でサービスリリースをすることができます。

実際に私もプログラミングスクールのテックキャンプを2ヶ月間受講し、個人開発スキルを身につけることができました。

ですので、個人開発スキルを短期間で身に付けたいとあなたが考えているのなら、プログラミングスクール受講は最適な選択肢だと言えます。

こちらの記事ではプログラミングスクールのテックキャンプについて、さらに詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。
【徹底レビュー・口コミ】卒業生が語るテックキャンプ大阪・梅田校の評判

プログラミング学習をしている中で出てくるエラーを解決する方法

プログラミング学習をしている中で何度も出会うのがエラーメッセージ。
プログラミング初心者がよく起こすエラーはたいていがコードの記述ミスだったりしますが、何度もエラーが出てくるとプログラミング学習を挫折する原因になります。

実際に私も何度もエラーに出会い、それを解決できなかったことでプログラミング学習に挫折した経験があります。

そんなあなたも「ググる力」と「質問サービス」を活用することで、エラーメッセージの解決力を高めることができます。

こちらの記事では「ググる力」「質問サービス」について、さらに詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧くださいませ。
【これで解決】プログラミング初心者がエラーメッセージに対処する力をつけるための方法

最後に|まずは無料でプログラミング学習を始めてみて、一歩ずつスキルアップしていこう

今回ご紹介したProgateやドットインストールのように、今の世の中にはプログラミング初心者が効率的にプログラミング学習をしていくためのサービスが色々とあります。

あとはあなたがその一歩を踏み出してプログラミング学習をしてみること。
始めてみれば、あとは学習時間を投資して何度も復習を重ねることです。
コツコツと継続していけば、かならずあなたのプログラミングスキルは向上していきます。
そして、自分オリジナルのWebサービスを開発することも十分可能です。

ですので、あとで「あの時すぐに行動を起こしていればよかった」と後悔しないように、今すぐ行動を起こしていきましょう。

『Progate』-> 無料プランから始める
『ドットインストール』-> 無料プランから始める
『テックキャンプ』->無料カウンセリングを予約する
『teratail』->無料で始めてみる