鬼滅の刃ネタバレ

『鬼滅の刃』1話のネタバレ徹底解説してみた|アニメ・漫画を無料で損せずに楽しむ方法もアリ

「鬼滅の刃」1話ネタバレ解説記事

この記事は『鬼滅の刃』1話のネタバレを徹底解説していくものです。

今話題沸騰の週間少年ジャンプの漫画『鬼滅の刃』。
アニメ化にとどまらず、2020年には劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が映画化されます。

人と鬼との戦い。だが単純な善と悪の戦いではなく、そこにはそれぞれの悩みや葛藤などもあり、それが物語に深みを持たせています。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』1話のネタバレ

ここからは具体的に『鬼滅の刃』1話のネタバレついて解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』1話のネタバレ

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

物語は主人公・竈門炭治郎が妹の禰豆子を抱えて寒い雪道を歩いていくところから始まる。

禰豆子は今にも死にそうな状態。
炭治郎は「兄ちゃんが絶対助けてやるからな」と、決意を禰豆子に伝える。

そして場面は変わり、冒頭の出来事が起こる前の竈門家のシーンに。

炭治郎の母は雪が降って危ないので、無理に炭を売りに行かなくてもいいよ、と炭治郎に伝える。
炭治郎は「正月になったらみんなに腹いっぱい食べさせてやりたいし、少しでも炭を売ってくるよ」と伝える。

そんな炭治郎に母は「ありがとう」と応えた。

炭を売りに町へ行く炭治郎に弟たちが一緒に行きたいと言う。
そんな弟たちに母は我慢しなさいとたしなめる。

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

町へ向かう前、妹の禰豆子が見送りをしてくれた。

町へおりた炭治郎は町の人たちに優しく迎えられた。
働き者で炭を売る以外にも人々の困り事を手伝う炭治郎に、みんな感謝しているようだった。

ある町人が皿を割った犯人にされて困っているところ、匂いを嗅いで助けてほしいと伝えた。

炭治郎は割れた皿についた匂いを嗅ぎ、「猫の匂いがする」と伝えた。
炭治郎は人一倍、匂いで嗅ぎ分ける力が優れているらしい。

仕事を終え、家に帰ろうとした炭治郎に別の町人が声をかける。
日が暮れると鬼が出るから、夜明けまでうちに泊まっていけと言った。

炭治郎は躊躇したものの町人に押し切られ、泊めていただくことに。

炭治郎が「鬼は家の中には入ってこないのか?」と聞くと、町人は「いや、入ってくる」
そして「鬼狩り様が鬼を斬ってくれるんだよ、昔から」とつぶやいた。

炭治郎は自分のおばあちゃんも鬼のことについて話をしていたな、と振り返った。

そしてさらに回想した。

「幸せが壊れる時にはいつも、血の匂いがする」

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

朝になって家に帰った炭治郎は、家族が倒れているのを見て焦った。
家の中は荒らされ、母も花子も竹雄も茂も禰豆子も六太も血を流して倒れていた。

その中で唯一、禰豆子だけがまだ体にぬくもりがあり、医者に診せれば助かるかもしれないと考えた。
ここで冒頭に炭治郎が禰豆子を抱えて雪道を歩く場面に戻る。

炭治郎は考えた。こんな残虐なことを誰がやったのか。冬眠できなかった熊が出たのか?
凍てつく空気に炭治郎の肺はやられ、うまく呼吸ができない。

でも、禰豆子を絶対に助けるため、力を振り絞って歩く。

その時、「グオオオオオオ」というおぞましい叫び声が禰豆子から響いた。
急な出来事におどろいた炭治郎は足を滑らせ、禰豆子と一緒に崖から落ちた。

雪がクッションになってくれたことで、なんとか助かった二人。

禰豆子はゆらりと立っていた。でも様子がおかしい。

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

炭治郎は「大丈夫か」と禰豆子に駆け寄ると、瞳が猫のように縦長になり、犬歯が大きく出た禰豆子が襲いかかってきた。
とっさに炭治郎は「鬼だ」と察知する。

そして疑問に思う。禰豆子は生まれた時から人間だったのになぜ?

匂いもいつもの禰豆子じゃなくなってる。
さらに禰豆子からはもう一つの匂いも感じ取れた。

炭治郎を襲った禰豆子の身体がさらに大きく、力も強くなっていく。

炭治郎は後悔した。自分がぬくぬくと町人の家で寝ている間にこんなことになって、助けてやれなくてごめんな、と。

せめて禰豆子だけは助けてやりたい。
だけどすごい力で押し返せない。

「鬼なんかになるな、しっかりするんだ、がんばれ、がんばれ!!」

炭治郎の声に禰豆子はボロボロと涙をこぼした。

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

そこに背後から誰かが襲ってきた。
禰豆子が斬られそうになった瞬間、炭治郎は禰豆子をその刃から避けさせた。

そこに立っていたのは刀を持った長髪の剣士。
その剣士は「なぜかばう」と炭治郎に問う。

「妹だ、俺の妹なんだ」と炭治郎は叫ぶ。

「ガアアアッ」と叫びながら禰豆子は剣士にいつの間にかとらえられていた。

剣士は「俺の仕事は鬼を切ることだ。もちろんお前の妹の首もはねる」と告げた。
「待ってくれ、禰豆子は誰も殺してない!」と炭治郎は言った。

「俺の家にはもう一つ嗅いだことのない誰かの匂いがした。みんなを殺したのは多分そいつだ」炭治郎はなんとか訴えかけた。

どうして禰豆子は鬼になってしまったのか。炭治郎は苦しむ。

剣士は「傷口に鬼の血を浴びたから鬼になった。人喰い鬼はそうやって増える」と告げた。

「禰豆子は人を喰ったりしない!」炭治郎は強く訴える。

「俺が誰も傷つけさせない。きっと禰豆子を人間に戻す。絶対に治します」

「治らない。鬼になったら人間に戻ることはできない」

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

「探す!必ず方法を見つけるから殺さないでくれ。家蔵を殺した奴も見つけ出すから、俺がちゃんとするから」必死に炭治郎は剣士に話しかけた。

最後には「やめてください、どうか妹を殺さないでください。お願いします」と土下座をした。

そんな炭治郎に剣士は「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」と一喝した。

そして鬼の現実、妹を守るためなら剣士である自分を倒そうとするべきだと投げかけた。

そして剣士も後悔の念を抱く。自分があと半日早く来ていれば炭治郎の家族は死んでなかったかもしれない。
しかし時を巻いて戻す方法はない。

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

そして炭治郎を本気で怒らせ、自分の力を引き出させるために禰豆子の肩を刀で刺した。

「やめろーーーーっ」
炭治郎は叫ぶと同時に石を剣士に投げつけ、斧を振りかぶる。

剣士は炭治郎の背中を刀の柄で殴りつけ、倒した。

そこで剣士は気づく。炭治郎が持っていたはずの斧がない。
そしてとっさに空をあおぐ。そこには斧が回転して剣士に向けて落ちてきていた。

剣士はギリギリで斧を避けた。
あと一瞬、気づくのがおそければやられていた。

炭治郎は自分がやられたとしても、剣士を倒そうとした。
それだけ、禰豆子をなんとしても守ろうとしたことを理解した。

禰豆子は炭治郎のもとへ駆け寄る。
剣士は炭治郎が喰われる!と思ったが、禰豆子は倒れた炭治郎をかばうように剣士の前に立ちはだかった。

その姿に剣士は禰豆子はほかの鬼とはちがうと感じた。
そして剣士は禰豆子を殺さず気絶させた。

炭治郎が気づいたとき、禰豆子は気を失ってそばにいた。

そんな炭治郎に剣士は声をかけた。

「狭霧山のふもとに住んでいる鱗滝左近次という老人をたずねろ。冨岡義勇に言われて来たと言え」と。
そして「妹を太陽の下に連れ出すなよ」と告げて去っていった。

「鬼滅の刃」1話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

炭治郎と禰豆子は亡くなった家族を埋葬し、鱗滝左近次という者のもとへと向かう。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。