鬼滅の刃ネタバレ

漫画『鬼滅の刃』18話のネタバレと17話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

漫画「鬼滅の刃」18話ネタバレ解説記事

この記事は漫画『鬼滅の刃』18話のネタバレと17話おさらいをしていくものです。

炭治郎は6本ある朱紗丸の腕がすぐに再生することに驚愕する。

兪史郎は炭治郎に、まずは矢印の能力を持つ矢琶羽から倒せと指示を出した。
そして朱紗丸は兪史郎と禰豆子が引き受けると伝えた。

炭治郎は何度も矢印の力で吹き飛ばされる。
だが機転をきかせて『ねじれ渦・流流(りゅうりゅう)』を繰り出して、矢印ごと絡めとってしまった。

そしてそのまま回転させて矢琶羽に攻撃を繰り出した。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』18話のネタバレ・17話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』18話のネタバレ・17話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回17話のおさらいまとめ

炭治郎は6本ある朱紗丸の腕がすぐに再生することに驚愕する。

兪史郎は炭治郎に、まずは矢印の能力を持つ矢琶羽から倒せと指示を出した。
そして朱紗丸は兪史郎と禰豆子が引き受けると伝えた。

朱紗丸は禰豆子に向かって勢いよく鞠を投げつける。
禰豆子はそれを蹴り飛ばそうとしたが、そのまま鞠に膝を千切られてしまった。

炭治郎は何度も矢印の力で吹き飛ばされる。
だが機転をきかせて『ねじれ渦・流流(りゅうりゅう)』を繰り出して、矢印ごと絡めとってしまった。

そしてそのまま回転させて矢琶羽に攻撃を繰り出した。

『鬼滅の刃』18話のネタバレ

炭治郎の放ったねじれ渦は矢琶羽の頸を見事斬っていた。

矢琶羽は最後の力を振り絞って炭治郎に仕掛ける。
身体全体に矢印の力を突きつけられる炭治郎。

次々とちがう方向に何度も吹き飛ばされる炭治郎。
衝撃を吸収するために、飛ばされるたびに剣技を繰り出していく。

こんなに何度も剣技を出したことはなかった炭治郎。
両腕がちぎれそうになりながらも、何度も剣技を出して衝撃を吸収していった。

そして最後の矢印の力を乗り切った炭治郎。
肋骨と脚が折れていた。

それでも何とかもう一人の鬼を倒すために加勢に向かおうとする。
地べたを這いずりながら剣を握ろうとしたが、疲労で刀を握れない。

炭治郎は口で刀をくわえ、ズリズリと這いずりながら、鬼がいるほうへ向かっていく。

朱紗丸は驚愕していた。

禰豆子は最初こそ朱紗丸の鞠の攻撃に足をちぎられていたものの、今や蹴り返すようになってきていた。

それを見ていた珠世と兪史郎も驚いていた。
人の血肉も喰らわず、禰豆子は急速に強くなっていたのだ。

珠世は朱紗丸に、鬼舞辻の正体を知っているかと尋ねた。
その言葉に怯える朱紗丸。

珠世は言う。鬼舞辻はいつも何かに怯えていると。

そして鬼が群れない理由についても話した。
鬼たちが鬼舞辻を束になって襲ってくるのを防ぐためだと。そのようにあなた達は操作されているのだと言った。

黙れ黙れと言う朱紗丸。
そして「鬼舞辻様は」と言ったあと、朱紗丸はひどく怯えた。

なぜなら鬼が鬼舞辻の名前を口にすると呪いが発動するからだ。

そして朱紗丸の身体から何本もの腕が出てきて、朱紗丸の身体を破壊していった。

18話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。