鬼滅の刃ネタバレ

漫画『鬼滅の刃』23話のネタバレと22話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

漫画「鬼滅の刃」23話ネタバレ解説記事

この記事は漫画『鬼滅の刃』23話のネタバレと22話おさらいをしていくものです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』23話のネタバレ・22話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』23話のネタバレ・22話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回22話のおさらいまとめ

猪男は鼓が身体に埋め込まれた鬼に斬りかかった。

だが、その鬼はポン、ポンと鼓を叩き、部屋の天地左右をどんどんと変えていく。

だが、猪男はその状況をむしろ楽しんでいた。
不適な笑いをもらす。

そこに鬼の鼓を叩くポン、という音が響いた。

すると、空間に鬼の爪が裂いたような傷が生まれた。

炭治郎たちはなんとかその攻撃を避けていた。

そして、またポンという音が響いた。

すると炭治郎と少女は別の空間に飛ばされていた。

善逸と少年は炭治郎たちとはぐれたあと、びくびくとしながら歩いていた。

そこに一人の鬼があらわれた。
四つの目を持ち、長い舌を持つ鬼だった。

『鬼滅の刃』23話のネタバレ

「ああああーーー!来ないでくれーーー!」と叫びながら、鬼から逃げる善逸。

ズリズリズリと四つん這いで這いながら追いかける鬼。

「おいしくない、おいしくないよーー!」と叫ぶ善逸。

「ぐひぐひ、喰って見ないとわかんねぇだろォ」と気色の悪い笑みを浮かべながら、鬼は返す。

鬼がその下を伸ばすと、鋭く速い鋭利な武器となって善逸がよけた後ろにあった水瓶をスパッと切り裂いた。

その舌の攻撃の鋭さに恐れおののく善逸。
そして怖さのあまり、膝がガクガクとして立ち上がれない。

一緒にいた少年はなんとか善逸を一緒に連れて行こうとするが、善逸は自分を置いて逃げろと伝えた。

だが少年は善逸を置いていくことなんてできない、と強く返した。

善逸は驚く。なんていい子なんだ。こんなに怯えた音が鳴っているのに。
善逸は耳が非常に良いので、相手の状況を音で感じることができた。

俺がなんとかしなくちゃ。
善逸は心を奮い立たせた。

そこに鬼の声が響く。
「ぐひひっ、お前の脳髄を耳からぢゅるりとすすってやるぞォ」

あまりの恐怖にバツン、という音が響いた。
善逸の中で恐怖と責任感がはじけたようだった。

倒れた善逸を心配して少年が駆け寄ると、善逸からグゥ、と眠ったことが伝わる音が響いた。

少年に衝撃が走った。
こんなタイミングで寝るなんて。

そこに鬼が好機だと感じて舌を鋭く伸ばしてきた。

次の瞬間、ブツン、という音とともに鬼の舌が斬り落とされていた。

少年が善逸のほうを見ると、善逸はゆらりと仁王立ちになっていた。

そして、おもむろに刀を抜く体勢をとり、低くかまえた。

善逸のシイイイ、という深く息を吐く音が響く。

鬼は、善逸の雰囲気が変わったことに警戒をしていた。

そして、

雷の呼吸・壱ノ型 霹靂一閃

ドン、という音がしてかと思うと、次の瞬間に鬼の頸がはねられていた。

「んがっ」善逸は情けない音とともに眠りから覚めた。

そして鬼の頸がゴロリと落ちているのを見て「ギャーーーッ、死んでる」と飛び上がって驚いた。

そして善逸の様子の変化に驚いている少年を見て、善逸は少年が鬼を倒してくれたのだと勘違いしていた。

少年・正一は困惑していたが、いったん善逸のことについて考えるのをやめた。

眠くなると強くなる男・我妻善逸。
普段は緊張や恐怖でうまく体を動かせないが、命の危機を前に緊張・恐怖が限界を超えると失神するように眠りに落ちるのだ。

猪男は部屋を何度も飛ばされながらも、鬼のいる場所を目指して走り続けていた。

そこに突如あらわれた恰幅のいい鬼。

猪男は剣技を繰り出す。

我流・獣の呼吸

そして鬼の両腕を斬り落とした。

続けて

参ノ牙 喰い裂き

あっさりと鬼の頸を斬り落として倒した。

「猪突猛進、猪突猛進」叫びながら猪男は次の場所へと駆けていく。

「稀血、稀血、あれさえ喰えば、そうしたら小生はまた十二鬼月に戻れる」
そうつぶやきながら、鼓の鬼は獲物を探して歩いていた。

23話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。