鬼滅の刃ネタバレ

漫画『鬼滅の刃』26話のネタバレと25話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

漫画「鬼滅の刃」26話ネタバレ解説記事

この記事は漫画『鬼滅の刃』26話のネタバレと25話おさらいをしていくものです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』26話のネタバレ・25話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』26話のネタバレ・25話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回25話のおさらいまとめ

炭治郎は心の中で自信を鼓舞し続けながら鼓の鬼からの攻撃を避け続けていた。

爪の攻撃だけでなく、空間が上下左右にどんどんと動いていくので、炭治郎はうまく身動きを取れずにいた。

そこに、鼓の鬼の小説原稿が舞い落ちてきた。
炭治郎はその原稿を踏まないように気を付けて受け身をとった。

炭治郎のほうは、原稿を踏まないように身体を動かすことで、怪我が痛まない身体の動かし方、呼吸の仕方を身につけることができた。

そして、鼓の鬼の攻撃を避けながら剣技を放った。

炭治郎は見事、鼓の鬼の頸をはねた。

鼓の鬼は身体が朽ちていきながらも、炭治郎に問いかけた。

「自分の攻撃はすごかったか」と。

炭治郎は素直に「すごかった」と返した。
相手に対する称賛の意味を込めて。

『鬼滅の刃』26話のネタバレ

善逸は昔から非常に耳が良かった。
寝てる間に人が話してたことを知ってるぐらいに。

善逸と正一が話していると、「猪突猛進、猪突猛進」という声が聞こえてきた。

そして姿をあらわした猪男。

善逸はその猪男を覚えていた。
最終選別を生き残った、鬼殺隊の同期剣士だった。

猪男は籠に入った禰豆子の気配を感じ取り、斬りかかろうとした。

それを止める善逸。籠をかばって、猪男からの攻撃が当たらないようにしていた。

猪男は驚いていた。「その中には鬼がいるのに何をしてるんだ」と。

善逸は「そんなことは最初からわかってる!」と返した。
鬼の音は人間とはまったく違うから、籠の中にいるのは鬼だとわかっていたのだ。

でも、炭治郎が命よりも大事にしているものだから、善逸は守ろうとしたのだ。

猪男は善逸を籠ごと蹴り飛ばした。
そして刀を抜き、斬りかかろうとする。

それを止める炭治郎。
猪男にタックルをかまし、骨を折った。

猪男は炭治郎と素手での殴り合いを求めて仕掛けた。
猪男は人間にしては異様に低い構えで殴ってきた。

炭治郎はその様子を見て、人間と対峙してるのではなくて、まるで猪と戦っているみたいだ、と感じた。

そして、炭治郎は相手よりも低く狙って攻撃をしようと考えて仕掛けた。

だが、猪男はそれ以上に低い姿勢で炭治郎の攻撃を避けた。
そして、その勢いを活かして炭治郎に蹴りを当てた。

炭治郎と猪男は取っ組み合いになり、炭治郎自慢の頭突きで猪男にダメージを与えた。

すると、猪男がかぶっていた猪の皮がはがれ、中から端正な顔立ちの美少年があらわれた。

そしてその美少年は「何だコラ、俺の顔に文句でもあんのか」と言い放った。

26話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。