鬼滅の刃ネタバレ

漫画『鬼滅の刃』28話のネタバレと27話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

漫画「鬼滅の刃」28話ネタバレ解説記事

この記事は漫画『鬼滅の刃』28話のネタバレと27話おさらいをしていくものです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。

さらに、無料登録で得られるポイントを使って『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます

電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』28話のネタバレ・27話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』28話のネタバレ・27話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回27話のおさらいまとめ

炭治郎は猪男の皮が取れて、中から美少年が出てきたのを見てびっくりした。

美少年は「殺すぞてめえ、かかってこい!」と返した。

伊之助は口からブクブクと泡を吹き、倒れてしまった。
炭治郎の頭突きが相当に効いて、脳震盪になったようだ。

そのあと、炭治郎と伊之助たちは烏に導かれて、藤の花の家紋の家をおとずれた。

そこで休息しろ、と烏は叫んだ。

屋敷の中から品の良いお婆さんがあらわれ、炭治郎たち鬼狩りをもてなすと伝えた。

実は炭治郎、善逸、伊之助の3人とも、骨が折れているようだった。

炭治郎たち3人は、いろいろな話をしながら、互いの親交を深めていった。

『鬼滅の刃』28話のネタバレ

炭治郎は困っていた。

善逸は禰豆子が妹だとわかるとヘコヘコし出し、伊之助はところ構わず頭突きをしてくるからだ。

3人の傷が癒えたあと、新たな指令がやってきた。
那田蜘蛛山へ向かうことになった。

お婆さんは屋敷を出る時、炭治郎たちに“切り火”をしてくれた。
危険な仕事に行く炭治郎たちのお清めをしてくれたのだ。

炭治郎たちは言い争いながらも那田蜘蛛山に着くことができた。

そこに、林の影から出てきたのは傷だらけの鬼殺隊員。

だが、炭治郎に助けを求めたその瞬間、何かに引っ張られたように高く舞い上がりながら林の中へ消えていった。

炭治郎、善逸、伊之助は警戒しながらも、山の中を進んでいった。

そこに、新たな鬼殺隊員を見つけた。
鬼殺隊員は炭治郎が自分を階級・癸(みずのと)だと告げると、最下級の鬼殺隊員ではダメだ、柱が来ないとなんともならないと告げた。

それに怒った伊之助。グーパンチで鬼殺隊員の顔を殴りつけた。
そして状況を説明しろと脅した。

鬼殺隊員は山に入ってしばらくしたら、隊員同志で斬り合いになったと説明した。

そうやって話しているところに、ゆらゆらと身体を揺らしながら鬼殺隊員がやってきた。

そのはるか後ろには、蜘蛛の糸のようなものをキリキリと操っている女の鬼がいた。

その頃、烏から那田蜘蛛山の状況を聞いたお館様は、柱を出動させることを決意していた。

今回呼び出されたのは冨岡義勇と胡蝶しのぶ。

胡蝶が「人も鬼もみんな仲良くすればいいのに。冨岡さんもそう思いません?」とたずねると、

冨岡は「無理な話だ。鬼が人を喰らう限りは」と返した。

28話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。

さらに、無料登録で得られるポイントを使って『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます

電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。