鬼滅の刃ネタバレ

『鬼滅の刃』3話のネタバレと2話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

「鬼滅の刃」3話ネタバレ解説記事

この記事は『鬼滅の刃』3話のネタバレと2話おさらいをしていくものです。

鱗滝左近次のいる狭霧山へと向かう炭治郎と禰豆子。
道中の農家で買い取った籠に藁・竹で強化して、禰豆子が日に当たらないようにする。

夜のお堂で鬼に遭遇し戦いを余儀なくされる炭治郎と禰豆子。
禰豆子が鬼の頭部を吹き飛ばしたものの、それだけでは死ななかった。

頭部と胴体に分かれて襲われたが、なんとか危機を脱した炭治郎と禰豆子。
頭部に止めを刺そうと小刀を出したが、後ろからあらわれた天狗面の男に、それでは倒せないと言われる。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』3話のネタバレ・2話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』3話のネタバレ・2話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回2話のおさらいまとめ

冨岡義勇に言われた鱗滝左近次に会うため、狭霧山を目指す炭治郎と禰豆子。

途中の農家で農民から籠・藁・竹を買い取り、籠を藁・竹で強化して禰豆子が日に当たらなくて済むようにした。
籠が思いのほか小さかったので、禰豆子は小さくなって入った。

禰豆子は大人のように大きくもなれるが、子どものように小さくもなれるらしい。

夜まで歩いたとき、お堂が見えたので入ろうとしたところ、鬼が人を喰っている場面に遭遇する。

炭治郎のピンチを救うために禰豆子が鬼の頭部を蹴り飛ばしたが、鬼は頭部と胴体が離れてもそれぞれが動けるようだった。

なんとか炭治郎が頭部を斧で木につなぎとめ、胴体をタックルして崖の下に落とした。
崖の下に落ちた胴体はグシャという音とともに崩れた。

その拍子に気を失った鬼の頭部に止めを刺すために小刀を取り出した炭治郎。
だが、後ろから「それでは鬼にとどめは刺せない」と言われる。

そこに立っていたのは天狗面をつけた男だった。

『鬼滅の刃』3話のネタバレ

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

鬼狩りの剣士・冨岡義勇は鱗滝左近次にカラスを使って手紙を送っていた。

そこには鬼殺の剣士になりたい少年と人間を襲わない鬼の少女をよろしく頼むと書かれていた。
そして、この二人はほかとは違うものを感じると。

少年は鱗滝左近次と同じように鼻が利く。
突破して受け継ぐことができるかもしれないと。これは鬼殺の剣士としての剣技のことを指しているのかもしれません。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

炭治郎は「どうしたら止めを刺せるのか」と天狗面の男にたずねた。
だが、天狗面の男は「人に聞くな、自分の頭で考えろ」とつき返す。

炭治郎は刺してもだめなら頭をつぶすしかないと考える。
大きい石を両手で持ち、鬼の前にきた。

だが、頭骨を完全に潰すには何度か打ち付けないといけない。そうすれば鬼は苦しむだろう。
一撃で絶命させる方法はないか、と鬼を思いやる気持ちを見せた。

天狗面の男は『この子はだめだ。思いやりが強すぎる』と残念な気持ちになる。

そうしているうちに気絶していた鬼が目を覚ました。
そして、夜が開ける。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

太陽の光に鬼はボロボロになり、消え去った。

炭治郎は日に当たっただけでボロボロになる鬼を見て、禰豆子がいやがるはずだと感じる。

天狗面の男は鱗滝左近次だと名乗った。冨岡義勇がたずねろと言っていた人物だった。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

鱗滝は炭治郎に「炭治郎、妹が人を喰った時、お前はどうする」とたずねた。

答えに迷っていると鱗滝は炭治郎を叩いた。
「判断が遅い」

そして判断が遅いのは炭治郎の覚悟が甘いからだと言った。

妹が人を喰った時、やることは二つ。
妹を殺すこと、そして炭治郎は腹を切って死ぬこと。

鬼になった妹を連れていくのはそういうことだと告げた。

そして、それはあってはならない。罪なき人の命をお前の妹が奪うこと、それだけはあってはならなない。
その意味がわかるか、とたずねた。

炭治郎は「はい!!」と答えた。

鱗滝は炭治郎が鬼殺の剣士としてふさわしいかを試すという。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

あとをついてこいと言われた炭治郎は鱗滝のすごさに驚く。
高齢のはずなのに足が早い。そしてまったく足音がしないと。

次に鱗滝は山を登っていく。炭治郎はそれに必死についていく。
そして登ったところで、山の麓の家まで夜明けまでに帰ってくること、と告げた。

炭治郎は山の濃い霧の中でも鼻が利くし、鱗滝の匂いは覚えたから大丈夫だとたかをくくった。
だが、それは甘かった。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

山を降りる道中で、次々と仕掛けられた罠にはまる炭治郎。
この調子では、朝までに山を下れないことを感じてあせる。

そしてこの山は空気が薄い。だから息が苦しくてくらくらする。

呼吸を整えて罠の匂いを嗅ぎ分けようとする炭治郎。
そして気づく。人の手で仕掛けられた罠はかすかに匂いが違うこと。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

全部の罠を避けることは難しいが、炭治郎はなんとか山を下っていく。
そして炭治郎は見事、夜明け前に鱗滝のいる家に戻ってきた。

「鬼滅の刃」3話イメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

鱗滝は炭治郎を認めた。

3話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。
電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。