鬼滅の刃ネタバレ

漫画『鬼滅の刃』31話のネタバレと30話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説

漫画「鬼滅の刃」31話ネタバレ解説記事

この記事は漫画『鬼滅の刃』31話のネタバレと30話おさらいをしていくものです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。

さらに、無料登録で得られるポイントを使って『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます

電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

『鬼滅の刃』31話のネタバレ・30話おさらい

ここからは具体的に『鬼滅の刃』31話のネタバレ・30話おさらいについてひとつずつ解説していきます。

『鬼滅の刃』について

「鬼滅の刃」とはイメージ画像(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved.

時は大正、日本。

炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。

絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--!

出典:「鬼滅の刃」公式サイト|集英社

『鬼滅の刃』前回30話のおさらいまとめ

村田は鬼の近くにもっと強力に操られている鬼殺隊員がいるはずだから、そこを炭治郎に任せたいと伝えた。

炭治郎は少し考えていたが、この場所は村田に任せることにした。

炭治郎と伊之助は、蜘蛛を操っている鬼のほうへと向かっていった。

糸を操る鬼は「私に近づけば近づくほど、糸は強く太くなり、お人形も強くなる」と独り言をつぶやいていた。

「母さん」少年の鬼が糸を操っている女性の鬼に語りかけた。
女性の鬼は話しかけられて、怯えたようにビクッとした。

少年の鬼・累は母の鬼をおどしていた。時間がかかりすぎている。あまりかかりすぎていると、父を呼ぶぞ、と。

母の鬼はひどく怯えて、大丈夫、大丈夫だからと返した。

『鬼滅の刃』31話のネタバレ

母の鬼はやくに立たなくなった鬼殺隊員たちを、糸で無理やり身体を動かして首をぐるりとまわしてへし折った。
首の骨をやられた鬼殺隊員たちはそのまま事切れた。

その様子を見た炭治郎。炭治郎から異様な殺気が出ているのを伊之助はビリビリと感じた。

炭治郎と伊之助は、鬼のほうへと向かって走っていく。

風向きが変わって、炭治郎の鼻が利くようになってきた。

そこにいたのは頸のない男だった。
その頸なし男も糸でキリキリと操られていた。

頸がないということは急所がない。伊之助が攻めあぐねていると、炭治郎が右の頸の付け根から左脇下まで袈裟斬りで斬ってみよう、と提案した。

それを聞いて伊之助は頸なし男に仕掛けた。

だが、頸なし男は両手に持った刃物を素早く動かし、伊之助の身体を切り刻んだ。
そして伊之助は傷を負った隙に、糸をつけられていた。

うまく動けない伊之助に、頸なし男が刃物を突き出してきた。
すんでのところで炭治郎が助けに入ってくれた。

炭治郎は伊之助に、一緒に戦おうと持ちかけた。

そして伊之助とのコンビネーションを仕掛けながら、炭治郎は剣技を繰り出した。

全集中 水の呼吸・肆(し)ノ型 打ち潮

そして伊之助が頸なし男に袈裟斬りを仕掛けた。

頸なし男は伊之助の太刀に、見事切り裂かれて身体がボロボロと朽ち始めた。

そして伊之助はその勢いのまま炭治郎を投げ飛ばした。

炭治郎は高く飛び上がったその先には、糸を操る母の鬼がいた。

母の鬼は、自分が死ぬことで今ある恐怖から解放される、と感じて両手を炭治郎のほうに高くかかげた。

水の呼吸・伍ノ型 干天の慈雨(かんてんのじう)

この剣技で斬られた相手は、ほとんど痛みも無く殺すことができる。

母の鬼は炭治郎の日輪刀で頸をはねられた。

31話はここまで。次回も非常に楽しみです。

『鬼滅の刃』アニメ・漫画をリスク無しで無料で楽しむ方法
『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。
無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。

さらに、無料登録で得られるポイントを使って『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます

電子書籍
>>無料で今すぐ楽しむ

>>U-NEXTの31日間無料トライアル体験の登録方法と解約方法の徹底解説

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
本記事のデータの著作権は、株式会社集英社または原著作者その他の権利者に帰属します。
また本記事に掲載されている内容はすべて、発売日後に公開するものです。