無料映画

映画『バットマン ビギンズ』のネタバレあらすじとフル動画を無料で視聴する絶対に損しない方法を徹底解説

映画『バットマン ビギンズ』のネタバレあらすじとフル動画を無料で視聴する方法解説記事のアイキャッチ画像

この記事では映画『バットマン ビギンズ』ネタバレあらすじとフル動画を無料で視聴する方法について徹底解説していきます。

映画『バットマン ビギンズ』はバットマンの誕生を描いたはじまりとなる作品。

なぜバットマンは生まれたのか。なぜ彼は戦うのか。
それを知ると同時に、あなたの人生をより強く生きていくための力を与えてくれる作品です。

この記事では『バットマン ビギンズ』について徹底解説するとともに、2019年10月4日に公開された映画『ジョーカー』のとのつながりについてもネタバレ含めて解説していきます。

「ここで『ジョーカー』と『バットマン ビギンズ』はつながるのか!」

というのがわかりますので、ぜひご覧くださいませ。

Contents

映画『バットマン ビギンズ』を無料視聴できる動画配信サービス一覧

映画『バットマン ビギンズ』だけでなく、その他のDC作品を見られる動画配信サービスについてまとめてみました。

無料体験を使えば、一切お金をかけずにフル動画を見ることができます。

◎)無料で見れる
△)課金すれば見れる
×)見れない

動画配信サービスバットマン ビギンズ
U-NEXT
Amazon Prime Video
Hulu
TSUTAYA TV
FODプレミアム×
dTV

現状は「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Hulu」「dTV」を無料体験すれば、フル動画を無料で視聴することができます。

その中でもU-NEXTは無料体験だけでなく、最新作も見ることができる600円分のポイントもつきますので、ぜひ今すぐ登録してみましょう。

U-NEXTなら31日間無料トライアル体験をすることで『ダークナイト』シリーズ全作品が見放題『スーサイド・スクワッド』『ジャスティス・リーグ』『バットマンVSスーパーマン』をトライアルで付与されるポイント活用すれば、無料で視聴することができます。
レンタルビデオ店でお金を払って観るのなら、無料で視聴できる方が今すぐ観れるしお得ですよね。
ポイント付与はいつまであるかわからないので、今すぐ登録してDC作品シリーズを無料で視聴しましょう。

無料で今すぐ登録

韓流LP

U-NEXTを無料ですべて視聴するための登録から解約の方法を徹底解説

映画『バットマン ビギンズ』について

映画『バットマン ビギンズ』はバットマンのはじまりを描いた作品。
これを見ることで、なぜバットマンは生まれたのか。バットマンはなぜ戦うのかが分かります。

そしてこの『バットマン ビギンズ』を見ることで、映画『ジョーカー』をより深く楽しむことができます。
映画『ジョーカー』を見る前に、絶対に見てほしい作品です。

映画『バットマン ビギンズ』の作品情報

映画『バットマン ビギンズ』は2005年のアメリカ映画。
上映時間は140分。

『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督がシリアスで闇を抱えたゴッサムシティのヒーロー・バットマンの始まりを描いた作品。

映画『バットマン ビギンズ』の主要キャスト

ブルース・ウェイン/バットマン … クリスチャン・ベイル (檀 臣幸)
アルフレッド … マイケル・ケイン (小川 真司)
ジム・ゴードン … ゲイリー・オールドマン (納谷 六朗)
ルーシャス・フォックス … モーガン・フリーマン (池田 勝)

映画『バットマン ビギンズ』の主要スタッフ

監督 :クリストファー・ノーラン
脚本 :クリストファー・ノーラン
脚本 :デイビッド・S・ゴイヤー

映画『バットマン ビギンズ』の予告

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ

ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)の頭から片時も離れることがないのは、眼前で最愛の両親を射殺された忌まわしい記憶。
ゴッサム・シティーの路上で起きたその事件以来、ブルースの人生は一変したのであった。

のしかかる罪悪感と怒り、日増しに膨れ上がる復讐心、両親が教えてくれた博愛の精神を受け継がなければならないという使命感。
さまざまな思いをかかえた失意の御曹司ブルースは何不自由ない生活を捨て去り、ゴッサム・シティーを離れ、世界中を放浪するようになる。

犯罪者の心理を知るために自ら罪人となったブルースの前にヘンリー・デュカード(リーアム・ニーソン)が現れる。
”影の軍団”を率いるラーズ・アル・グール(渡辺謙)の代理人と称するこの男は、ブルースの秘めたる資質を見出し、”影の軍団”へとスカウトする。

デュカードの指導の下、悪を倒し、恐怖心に打ち勝つ術を見つけるために、心身を極限まで鍛え上げるブルース。
だが、永い修行を終えると同時に”影の軍団”の真の目的を知り、組織を離れることを決意する。

7年ぶりにゴッサム・シティーへと戻ったブルースは、犯罪と不正にまみれた街の現状を目の当たりにする。
ウェイン家が慈善事業の拠点としていたウェイン・エンタープライズですら、会社の利益のみを追求する社長代理リチャード・アール(ルトガー・ハウアー)が牛耳り、ブルースの両親が掲げていた尊い理念は消えていた。

ブルースの幼馴染で今では地方検事のレイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)は、ゴッサム・シティーにのさばる凶悪犯に手を焼いていた。
犯罪組織のトップに君臨するカーマイン・ファルコーネ(トム・ウィルキンソン)らの仕業によって、この街の司法制度は腐敗しきり、法の力は無に近い状態だった。

さらにファルコーネは精神科医ジョナサン・クレイン(キリアン・マーフィー)を懐柔し、係争中もしくは収監中の手下を心神喪失と鑑定させ解放し、一方のクレインもその見返りを受け、自らの野望を達成すべく、着々と準備を進めるのだった。

ブルースは忠実な執事アルフレッド(マイケル・ケイン)、善良な警察官ジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)、科学者ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)らの協力を得て、「もうひとりの自分」を解き放つ。

それは正義を全うすべく揺らぐことのない信念と強靭な肉体を漆黒のスーツに包み、恐怖を敵の心に植えつける闇の騎士”バットマン”だった。

出典:映画『バットマン ビギンズ』ワーナー・ブラザース

映画『バットマン ビギンズ』のネタバレ

幼少期のブルースはコウモリに襲われトラウマになった

レイチェルが見つけた石を奪い去って逃げたブルース・ウェイン。

彼はふとした拍子に屋敷の敷地内にある井戸に落ちる。
そこで出会ったのはコウモリの大群だった。

“影の同盟”への誘いを受けるブルース

幼少期にコウモリに出会った夢を見て起きた大人のブルース。
彼が今いるのは監獄。

彼は犯罪者の心理を知るために自ら監獄に入って生活をしていた。

監獄で生活をしている囚人にチビ公と馬鹿にされながらも、むしろその囚人たちを叩きのめしていくほどの力を持つブルース。

看守からも恐れられ、単独の独房に。

そこで出会ったのはスーツを着た紳士・デュカード。ラーズ・アズ・グールの使い。

ラーズ・アズ・グールは暗黒界のドン。

デュカードはブルースをスカウトしに来た。

ラーズ・アズ・グールは悪を憎む者同士の道を教える。
そして正義の実行を願う道を教える。
“影の同盟の道”、それがラーズ・アズ・グール。

「超人的な力を身につけて、自分の理想を実現できたなら?
警察にも捕まらず、君は別の存在になれる。伝説の存在に」

「ヒマラヤの東の山腹に咲く青い花を1本摘み取り、山頂まで持ってくれば君の願いは叶う」

そう言ってデュカードはブルースを誘ったのだった。
釈放されたブルースは青い花を見つけるために向かった。

そして青い花を摘み取り、過酷な雪山を登り、山頂を目指した。
山頂に登って見つけたのはラーズ・アズ・グールのアジトの門。

訓練を積み、恐怖心を克服しようとするブルース

ブルースはラーズ・アズ・グールに面会し、デュカードと話した。

ブルースは「恐怖を克服し、敵に恐怖を与えたい」と言った。
「恐怖を支配するには、まず己の恐怖を征服せよ」とデュカードは返した。

そして戦い(訓練)が始まった。
デュカードはブルースに教えを与えながら稽古をつける。

そして真に恐れているものは何かを聞き出した。
ブルースが恐れていたのはコウモリ。井戸の底にいたコウモリだった。

そこから救い出してくれたのは父親のトーマス・ウェイン。
彼はブルースを抱えながら執事のアルフレッドに尋ねる。

「人は何のために落ちる?」そしてそのまま言葉を続けた。

「這い上がるためだ」と。

ベッドで目を覚ましたブルースにトーマスは話しかける。

「なぜコウモリに襲われたと思う?お前を恐れたんだ」

「僕を?」ブルースは返す。

「動物は恐れるんだ。怖い動物も。猛獣は特にだ」

両親を強盗に襲われ亡くし、一人になった幼少期のブルース

トーマス・ウェインが建設したモノレールに乗ってブルースはオペラに向かう。

トーマスは街を一つに結ぶため、安い交通手段を作って市民のために尽くした。

その中心はウェインタワー。

トーマスは経営者は得意な人に任せ、自分は医者として人々を救っていた。

オペラの劇中、ブルースはコウモリに襲われたことを連想させる描写に「帰ろう」とトーマスに伝える。

三人はオペラ会場から外に出たところで、強盗に襲われた。

財布を与えたあと、首飾りを奪おうとし発砲した強盗にトーマスと妻は射殺された。

トーマスは死ぬ間際、ブルースに言葉を残した。

「大丈夫だ。恐れるな」と。

ブルースは一人になった。

警察署でゴードン刑事と話をしたブルース。

やさしく父親のコートをかけてくれたゴードンはブルースに「大丈夫だ。心配ない」と伝えた。

そして次に来た警察官に強盗は無事逮捕されたと伝えられた。

一人になったブルースを執事のアルフレッドは見守る。
そして悪いのはブルースではない、殺害した強盗だと伝えた。

幼少期の回想が終わり、ブルースとデュカードは本格的な訓練を始めた。

600人と対峙して戦う方法。
行方をくらます方法。
目くらましをする火薬の扱い方。

「両親の死は君のせいではない。父親のせいだ」というデュカード。

「彼が戦わなかったのは事実だ」

「立ち向かうのに重要なのは鍛錬ではない。重要なのは戦う意思だ」

数々の言葉でデュカードはブルースに悪を倒すための訓練を施した。

そして「救いは復讐だ」と伝えた。

両親を殺したチルに復讐をしようとするブルース

公聴会へ行くブルース。その懐に銃を忍ばせて。

レイチェルには公聴会へ行くなとさとされたが、ブルースは復讐心に燃えていた。

チル受刑囚は公聴会で罪を悔いていると述べた。
そして罪は消せないとも述べた。

ブルースはチル受刑囚が出てきたところで、懐に忍ばせた銃で殺害しようとしたが、思いとどまった。

だが、そこに一人の女性があらわれ「チル ファルコーニがよろしくと」と告げ、チルを射殺した。

女性はその場で取り押さえられた。

レイチェルからの話では、判事はファルコーニに買収された公聴会を開いた。
それはチルを公に連れ出すために、ということだった。

レイチェルはチルが殺されて喜ぶブルースを見て、貧困街に車を走らせて現実を見せた。

そこにはチルと同じ貧困層がたくさんいて、第2のチル予備軍がたくさんいること。
そしてその元凶はファルコーニであることを伝えた。

悪人が栄えて全員が怯えている。
トーマス・ウェインと妻のように不正と戦う人はもういないゴッサムシティ。

ブルースは自分も同罪だと伝えた。復讐心でチルを殺そうとしたと銃を見せながら。

レイチェルはブルースを手でぶった。
そして「お父様が嘆くわ」と。

ブルースはファルコーニのもとを単身おとずれた。
そしてブルースは「あなたを恐れない人間がいることを伝えにきた」と言った。

ファルコーニはまったく動じない。
市議会議員、労働組合の幹部、非番の警官、判事もいるが、彼らがいる前でも俺はブルースの頭をブチ抜ける。
金じゃ買えない力を持っていることを伝えた。

それに対しブルースは何も恐れないと伝えたが、ファルコーニは幼なじみのレイチェルやアルフレッドが襲われたらどうか、とたずねた。

善人には失うものが大きすぎるのだと。

両親を殺されたせいで世間の残酷さを知った気になっているが、何もわかっていない。
ブルース・ウェインはゴッサムシティの王子様だ。
怒りに任せてここに来るな、とファルコーニは伝えた。

そしてブルースを外へ連れ出した。

犯罪に手を染め、犯罪心理を理解したブルース

ブルースはそれから犯罪者と一緒に行動をともにして、その犯罪心理を学ぶことにした。

そしてそれまで単純だと思っていた善悪の判断がつかなくなっていた。
そして恐怖を克服したつもりだった。だが、完璧ではなかった。

デュカードは青い花でつくった煙をブルースにかがせ、「恐怖を吸い込め」と言った。

そして恐怖を克服するための最終訓練をおこなった。
己自身が恐怖の源になれと。

同じ忍者の服装をした人間の中からデュカードを見事とらえたブルース。
見事、自身が恐怖の源になることができた。

“影の同盟”への参加を拒否し、脱出するブルース

影の同盟に入る資格を得たブルース。
その覚悟を見せるものとして、囚人の首をはねることを強制された。

「悪と同化しない」と頑なな意思を持つブルースはそれを拒否。

ラーズ・アズ・グールはブルースに影の同名を率いる資格なしと判断した。

影の同盟の目的は悪の中枢をたたき、犯罪を根絶させること。
ただ、それだけでなく、コンスタンティノープルやローマのように、ゴッサムシティは苦難と不正の温床と化しているため、もう救いはないと判断し、破壊することだった。

ブルースは処刑をことわり、アジトに火をつけた。
そしてラーズ・アズ・グールと対峙する。
爆薬に火がどんどんとついていき、アジトは爆発していく。
瓦礫の下敷きになったラーズ・アズ・グールは死んだ。

気を失ったデュカードを抱え、ブルースはアジトから脱出した。
そしてデュカードを山腹の小屋に預け、自分はアルフレッドが乗ってきたプライベートジェットでゴッサムシティへ。7年ぶりの帰郷になる。

機内でブルースはアルフレッドに自分のこれからの計画について話した。

人間を超えた存在としてシンボルになれれば、ゴッサムシティを救う力になれると考えて。
犯罪を犯す人間たちに対して恐怖心を抱かせる存在になろうと。

そして大切な人々を守ることを誓って。

ブルースが帰郷するのは誰にも知られていない。法的には故人になっているため。

裁判所でクレイン博士とレイチェル検事補は対峙していた。

クレイン博士は裁判所でザーズ被告を収監すべきではないと述べた。
レイチェルはファルコーニの手下を3人もアーカム精神病院に移動させることに不信感を抱いていた。

自身の計画を実行にうつしはじめるブルース

屋敷でこれからの計画を練っていたブルースは屋敷の中にコウモリが飛んでいることに気づく。
そして幼少期に自分が井戸の底に落ちてコウモリの大群に襲われたことを思い出した。

そして再び井戸の底を訪れたブルースはそこに大きな空間を見つけた。
それはコウモリの大群の巣だった。

クレイン博士はファルコーニに脅しをかけられていた。
だが、クレイン博士は動じない。自分の上にはさらに権力を持つボスがいるからだ。

ウェイン・エンタープライズでは役員による会議が開かれていた。
社長代理のリチャード・アールは先代の意思を忘れ、新たな方向性を打ち立てようとしていた。

そこにブルース・ウェインがやってきた。
株式公開をアールは考えていた。
ブルースとアールは対面。

株式公開の話を持ちかけるが、それは売却益が入るため、特に断りを入れなかった。
ブルースは応用科学部での業務をしたいと言い、許可された。

フォックスとの出会い、そしてバットマンになるための準備を加速させる

応用科学部にいたのは元役員のフォックス。
応用科学部には先代が行なっていた研究の試作品がたくさんあった。
それはブルースにとって宝の山だった。

計画を進めるために、ブルースはその宝の山一式を手に入れた。
屋敷の下のコウモリの巣を探検するブルース。

そこには屋敷に通じる秘密の通路もあった。

ブルースは宝の山である兵士用のスーツなどをすべて黒に塗りつぶした。
そして、アルフレッドに頼み、マスクも注文した。

ゴードン刑事は仲間の刑事に同行。
仲間の刑事は店から賄賂を受け取っていた。
それにほとほと呆れたゴードン。

自分は頑なに汚職には手を染めないと決めていた。

ゴードンの事務所に忍び込んできたのはブルース。
ファルコーニについてのことで探りを入れていた。

再びフォックスのもとを訪れたブルース。
軽量の繊維素材を使って空を飛べるようにしたいと相談した。
フォックスは形状記憶方のマントを提供。

そしてもう一つ見つけたのがタンブラー。洗車のような形で頑丈かつ走行性能も非常に高い。
これも手に入れることができた。

ファルコーニはゴードンの仲間の刑事に麻薬の積荷の監視を依頼。
合わせて、通勤途中にレイチェル検事補を襲うよう指示した。

ブルースは計画をどんどんと進めていく。
悪に立ち向かうための装備を整えていく。すべてを黒で統一して。

バットマンの初登場、ファルコーニを捕まえる

港での積荷の監視をする汚職刑事。
ファルコーニも一緒に同行していた。

積荷をしている途中、犯罪者がどんどんと襲われていく。
それを実行していたのはブルース。

犯罪者をどんどんと倒していく。
トラブルが起こったと伝え、ファルコーニに逃げるよう伝える汚職刑事。

その間にも犯罪者たちはすべて倒されていった。
最後に残ったのはファルコーニ。

車の上から引き摺り出され、バットマンことブルースに捕まえられた。

レイチェルはモノレールに乗っていたときから、違和感を感じていた。
誰かに追われている。そして襲われたところをバットマンがあらわれ、倒していった。

バットマンはレイチェルに判事の弱みを証拠として渡す。
同じ悪を憎む仲間として戦っていくために。

ファルコーニとファルコーニの手下はバットマンによって捕まえられた。
空に登った照明の光にはコウモリの印が浮かび上がっていた。

そのころ、ウェイン・エンタープライズが持っていた兵器の一つが盗まれた。
それはマイクロ波で敵の水源を気化させるものだった。

偽りの姿、プレイボーイとして振る舞うブルース

ブルースは金と時間をふんだんに使っているのをほかの人間に知られてもいいよう、プレイボーイとして振舞うことに。

その振る舞いは再び会ったレイチェルには気に入られなかった。

ブルースは本当の姿はちがうんだと行ったが、レイチェルに「人の本性は行動で決まるの」と伝え、去っていった。

捕まったファルコーニはクレイン博士を呼びつけ、脅した。
クレイン博士はファルコーニが秘密を握っていることを知り、ガスを吹きかけ幻覚を見せた。
かかしのマスクをかぶって見せたクレイン博士を怪物だと感じてしまうぐらいに。

そしてファルコーニはアーカム精神病院送りに。

ゴードン刑事のもとにバットマンがあらわれた。
ゴードンはお互いに助け合うことにした。

汚職刑事はバットマンに脅され自白したが、決定的な証拠は持っていなかった。

クレイン博士に返り討ちにされたバットマン

クレイン博士とその仲間を襲ったバットマン。
クレイン博士によってガスをふきかけられ、幻覚を見ることに。
そして燃やされたバットマン。

たまらずビルから飛び降り、火をなんとか消すことができた。
だが、体がいうことをきかない。

毒にやられたと、アルフレッドに助けを求めた。
2日後、ブルースの誕生日に屋敷で目が覚めたアルフレッド。

フォックスによって分析された解毒剤によって、命が助かったことを知る。

屋敷にレイチェルがやってきた。プレゼントを渡しに。
そしてすぐに仕事に行かないといけないとブルースに伝えた。

レイチェルはナローズ島にあるアーカム精神病院に行くらしい。

レイチェルからのプレゼントは「見つけた人が持ち主」と書かれた、幼少期にレイチェルが見つけた矢の穂先だった。

ブルースはコウモリの巣であるアジトでバットマンスーツに着替える。

アールはフォックスのもとを訪れ、マイクロ波放射器のことについて聞く。
そして放射器の開発に関する資料をすべて出してほしいと伝える。
合わせてフォックスをクビにすると。

一連の事件の真のボスがラーズ・アズ・グールだと知るブルース

アーカム精神病院についたレイチェルはクレイン博士と話し、自身が感じる違和感について話す。

そこにバットマンも忍び込んでいた。二人の様子を観察している。

クレイン博士はレイチェルに秘密の場所を教える。
そこではクスリの製造をしていた。
そして排水管に薬を流していた。それはゴッサムシティにも流れていく。

レイチェルは異常を感じて逃げようとしたが、クレイン博士にガスを吹きかけられ、幻覚を見せられる。

そこにバットマンが現れた。
クレイン博士の仲間たちを次々と倒していく。

バットマンはクレイン博士に対してガスを吹きかけた。
バットマンのマスクはクレイン博士から見れば、本当のモンスターに見えた。

そして自分のボスはラーズ・アズ・グールだと白状した。

そこに警察がやってきて、バットマンを包囲した。

ゴードン刑事は単身アーカム精神病院に乗り込み、バットマンと合流。
バットマンはレイチェルが高濃度の幻覚剤を浴びせられ、重体だと伝えた。
急いで解毒剤を飲ませないといけない、そして救えるのは自分だけだと。

バットマンはブーツに隠した音波を発生する装置を使い、コウモリの大群を呼び出し、警察を撹乱した。

そのスキにレイチェルを連れてバットモービルで逃げるバットマン。

警察から追いかけられるものの、なんとか屋敷の下にあるコウモリの巣まで逃げることができた。
そして、解毒剤を飲ませた。

全焼したウェイン家の屋敷、ラーズとの再会

レイチェルを助けたあと、ブルースは自身の誕生日パーティに出席。
そこにあらわれたのはデュカードもといラーズ・アズ・グール。

フォックスと話しているとクスリをゴッサムシティにまく方法がわかった。
それはマイクロ波を使ってクスリを気化させ、ゴッサムシティ中に散布するという恐るべき計画だった。

彼が会場のみんなを襲うことを回避しようと、わざと憎まれ口を叩き、会場のみんなを帰らせた。

クスリの元となったのはブルースが雪山で摘み取った青い花だった。
それを毒物に変えてゴッサムシティに通じる排水管に流したのだった。

その頃、アーカム精神病院の扉が解放され、囚人たちが脱出できるようになった。

ブルースの屋敷に火がつけられた。
ラーズは自分の屋敷が燃やされた仕返しをしたのだ。

ラーズは影の同盟が不況をつくりゴッサムシティを破壊しようとしたが、ブルースの両親がそれに対抗したと。

だが両親が亡くなったことで再び犯罪に手を染める人々が増えたと。

すべての元凶をつくったのは影の同盟だった。ブルースが真に復讐するべきは影の同盟だったのだ。

ブルースは天井から落ちてきた屋敷の瓦礫の下敷きになり、気を失った。
そのすきにラーズは去っていった。

アルフレッドが火の海になった屋敷に戻り、ブルースを救い出した。
秘密の通路を通って逃げ出した瞬間、屋敷はすべて崩れ去った。

アルフレッドは失意にくれたブルースに伝える。
「人はなぜ落ちると思う?這い上がるためです」かつての父親トーマス・ウェインの言葉だった。

アーカム精神病院から脱出した囚人たちを警察たちは取り押さえていく。

ラーズを止めようと動くバットマン

ラーズはマイクロ波放射器を起動。ゴッサムシティはクスリが気化した毒物に覆われていった。
人々は見るものが怪物に見えるように。

ブルースはバットマンとなり、バットモービルでラーズを止めに向かう。

ラーズはモノレールにマイクロ波放射器を取り付けた。
ゴッサムシティの中心に続くモノレールがウェインタワーに到着すれば、ゴッサムシティすべてがガスに覆われてしまう。

囚人たちに襲われそうになったレイチェルをバットマンが間一髪助ける。
そしてバットマンが去ってしまう前に名前を聞きたいと伝えた。

バットマンは名前を名乗る代わりに「人の本性は行動で決まるものだ」と、かつてレイチェルがブルースに向かって言った言葉を伝えた。

それですべてが理解してもらえると思ったから。
レイチェルはバットマンがブルースだと理解した。

バットマンはラーズのもとへ向かい、まずは影の同盟たちを倒していく。

ゴードンはバットモービルに乗って、自分の使命を果たすために動き出した。

モノレールが走り出し、どんどんゴッサムシティにガスが撒き散らされていく。

見事、ラーズの野望を砕いたバットマンとゴードン刑事

バットマンはモノレールに乗り込み、ラーズと対峙する。

タワーの下に到着したゴードンはバットモービルの銃弾でモノレールの線路の土台を狙う。

間一般、ゴードンは線路の土台を壊し、役目を成し遂げた。

モノレールは線路が破壊されたため、タワーからコースをそれて向かっていく。

ラーズは「ついに人を殺すのか」とバットマンに尋ねる。

バットマンは「俺は殺さない」と伝え、ラーズをモノレールに残し、自分は脱出した。

ラーズを乗せたモノレールはコースをそれたまま突っ込み、爆発した。

ゴッサムシティは危機からなんとか救われた。

フォックスがウェイン・エンタープライズの社長に

ウェイン・エンタープライズでは役員会が開かれていた。
アールはフォックスをクビにしたはずだと伝え、フォックスも「そうだ」とこたえた。

そして合わせて伝えた「再就職した。君の座に」と。

アールはブルースに電話で株式公開したことを伝えたが、その株式公開で株を買い占めたのはブルースの息のかかった団体や機関であることを伝えた。

すべての権利はブルースに渡ったということだ。
そしてフォックスはウェイン・エンタープライズの社長になった。

レイチェルとの約束、そして別れ

全焼した屋敷でブルースとレイチェルは話す。

「いつかゴッサムに平和が訪れた時ーまた会える」と、そして「お父様はホコリに思っているわ」とレイチェルは伝えて去った。

次に倒すべきはジョーカー

空にバットマンのシンボルが浮かび上がる照明をつくり、ゴードンはバットマンと話す。

バットマンの活躍のおかげで汚職刑事はなりを潜めたが、まだまだ犯罪者は多いと。

そしてバットマンがあらわれたように凶悪な犯罪者が出てきたと。
その目印はジョーカーのカード。

バットマンは一緒に立ち向かおうと伝える。

ダークナイトシリーズ2作目『ダークナイト』のネタバレあらすじについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
映画『ダークナイト』のあらすじネタバレ|映画『ジョーカー』との共通点についても考察

映画『バットマン ビギンズ』と映画『ジョーカー』のつながり

映画『バットマン ビギンズ』で最初に描かれた、ブルース・ウェインの両親がオペラハウスを出たところを強盗に射殺されるシーン。

ここが、映画『ジョーカー』とリンクするシーンとなっています。

映画『ジョーカー』では、マレー・フランクリンの番組に出演したジョーカー(アーサー)が、マレーを射殺したあと、火の海となったゴッサムシティの中を警察の車に乗せられて走り抜けていきます。

その際にゴッサムシティを火の海にしたのはジョーカーに影響されてデモを引き起こしたピエロ姿の貧困層の人間たちでした。

彼らはゴッサムシティのあらゆるところで破壊活動と富裕層の襲撃をしていました。

その中に、オペラハウスから出てきたブルースと両親がいました。
そして『バットマン ビギンズ』の時と同様に、強盗に射殺される両親。

私はこのシーンを見たときに、「ここでバットマン ビギンズとつながるのか!」と驚きました。

ジョーカーはブルースが幼少期の頃からゴッサムシティにいたということ。
そして大きな影響力を持つスーパーヴィランだったということです。

映画『バットマン ビギンズ』のラストシーンでゴードン刑事からジョーカーのカードを見せられたバットマンが、一緒に立ち向かっていくことを決めたシーンがありました。

ダークナイトシリーズでは、それまではなりを潜めて暗躍していたということでしょうか。

この繋がりがあったことで、映画『ジョーカー』と映画『バットマン ビギンズ』含めたダークナイトシリーズを、より深く楽しむことができると感じました。

最後に|映画『バットマン ビギンズ』を見たあとはダークナイトシリーズを制覇しよう

ダークナイトシリーズ3部作の1作目『バットマン ビギンズ』を観たあとは、『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』を観て、より深くバットマンの世界観を味わいましょう。

3作すべてを見ることで、すべての作品が繋がっていたことが改めて理解できます。
そしてそれを知ったとき、あなたはバットマンの強さと弱さを理解し、バットマンがただのヒーローではなく、数々の逆境を乗り越えられる偉人とも呼ぶべき人間だと理解するでしょう。

それは、ただの映画視聴にとどまらず、あなたの人生観にも影響を与えてくれます。

「人間はなぜ落ちるのか?それは這い上がるためだ」

この言葉に背中をおされる人も多いでしょう。

私もその一人です。日々、人生のどん底に立ち向かいながらも、なんとか這い上がるために一生懸命生きています。

そして、あなたに少しでも映画の楽しさを感じてもらうために今日も発信活動を続けています。

U-NEXTなら31日間無料トライアル体験をすることで『ダークナイト』シリーズ全作品が見放題『ジャスティス・リーグ』『バットマンVSスーパーマン』をトライアルで付与されるポイント活用すれば、無料で視聴することができます。
レンタルビデオ店でお金を払って観るのなら、無料で視聴できる方が今すぐ観れるしお得ですよね。
ポイント付与はいつまであるかわからないので、今すぐ登録してDC作品シリーズを無料で視聴しましょう。

さらに、2020年に公開される予定の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』の前身となった作品『スーサイド・スクワッド』も無料で視聴することができます。

スーサイド・スクワッドではジョーカーとハーレイ・クインのクールな活躍が見れるので、無料で視聴できるこのチャンスをお見逃しなく。

韓流LP

31日間の無料トライアル体験ができますので、以下のボタンをクリックして今すぐ登録してみてくださいね。

U-NEXT HPの画像

無料体験はいつ終了するかわかりませんので今すぐ見よう
31日間の無料お試し期間があります
※31日間の無料トライアル中に解約しても料金はかかりません

U-NEXTの無料トライアルの登録から解約までの流れは下記の記事でご紹介しています。
この方法を使えばあなたは無料でフル動画を視聴できて、損をしなくて済みますよ。