無料映画

映画『ジョーカー』フル動画を無料で視聴する方法|ネタバレあらすじと感想評価。ラストの精神病院の謎についても考察

映画『ジョーカー』のネタバレあらすじと感想評価の解説記事のアイキャッチ画像

※映画『ジョーカー』のネタバレになる内容が書かれているので、ネタバレを知りたくない方はそれ以外の部分をお読みくださいませ。

この記事では映画『ジョーカー』についてネタバレやあらすじをラストまで、感想評価を含む内容を徹底的に書いていきます。
さらに、映画『ジョーカー』フル動画を無料で視聴する方法についても解説していきます。

バットマンの多彩な活躍を楽しむことができるダークナイトシリーズの中でも最強の悪役(ヴィラン)であるジョーカー。

ジョーカーはどうやって誕生したのか?
その誕生秘話が描かれた作品です。

早速観てきましたが、これは凄いです。ダークナイトシリーズにガチッとハマる瞬間があって、鳥肌が立ちました。

そして、ジョーカーはなぜジョーカーになったのか。それがすべてわかりました。この記事で徹底的に書いていきます。

ではここから、具体的にご紹介していきます。

U-NEXTなら31日間無料トライアル体験をすることで『ダークナイト』シリーズ全作品が見放題『スーサイド・スクワッド』『ジャスティス・リーグ』『バットマンVSスーパーマン』をトライアルで付与されるポイント活用すれば、無料で視聴することができます。
レンタルビデオ店でお金を払って観るのなら、無料で視聴できる方が今すぐ観れるしお得ですよね。
ポイント付与はいつまであるかわからないので、今すぐ登録してDC作品シリーズを無料で視聴しましょう。

無料で今すぐ登録

韓流LP

U-NEXTを無料ですべて視聴するための登録から解約の方法を徹底解説

映画『ジョーカー』のフル動画を無料視聴する方法のアイキャッチ画像
映画『ジョーカー』のフル動画を安全に無料視聴する方法|字幕・日本語吹き替えあり|JOKERの評判|おすすめの動画配信サービス映画『ジョーカー』(JOKER)字幕・日本語吹き替えのフル動画を無料で視聴したいあなたに。 本記事では映画『ジョーカー』字幕・日本語吹き替えのフル動画を無料で視聴する方法を丁寧に解説していきます。 また、映画『ジョーカー』字幕・日本語吹き替えと合わせて視聴したい映画についてもご紹介していきます。...

映画『ジョーカー』の予告

映画『ジョーカー』の作品について

映画『ジョーカー』のネタバレあらすじと感想評価の解説記事の画像
●公開日
2019年10月4日

●監督・脚本
トッド・フィリップス

●主要キャスト
アーサー・フレック/ジョーカー:ホアキン・フェニックス
マーレイ・フランクリン:ロバート・デニーロ
ソフィー・デュモンド:ザジー・ビーツ
ペニー・フレック:フランセス・コンロイ
テッド・マルコ:マーク・マロン
ギャリティ刑事:ビル・キャンプ
ランドール:グレン・フレシュラー
パーク刑事:シェー・ウィガム
トーマス・ウェイン:ブレット・カレン
アルフレッド・ペニーワース:ダグラス・ホッジ
ブルース・ウェイン:ダンテ・ペレイラ=オルソン

●配給
ワーナー・ブラザース

●作品概要
なぜ、ひとりの孤独な男が悪のカリスマへと変貌したのか?

コメディアンを夢見る、孤独だが純粋で心優しいアーサー。
一人の“人間”が、なぜ、狂気溢れる“悪のカリスマ=ジョーカー”に変貌したのか?
本作で初めて語られるジョーカー誕生の理由。
衝撃の真実とは?10月4日、世界は正規の瞬間を目撃する。
絶対に見逃せない1本『ジョーカー』。弱者に無関心な社会に見捨てられた男の内面を描くリアルな人間ドラマが、やがてヒース・レジャー、ジャック・ニコルソン、ジャレッド・レトといった歴代アカデミー賞俳優が演じた映画史上最も有名なヴィランの隠された物語に繋がっていく。
超実力派スタッフ・キャストが挑む完全オリジナル・ストーリー。
予想もつかない展開で見る人の心をつかんで離さない、衝撃作。

映画『ジョーカー』のあらすじ

本当の悪は、人間の笑顔の中にある。

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。
都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。
笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気あふれる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?
切なくも衝撃の真実が明かされる!

映画『ジョーカー』の主人公ジョーカーとは?

DCコミックスの『バットマン』シリーズの中で、バットマンの宿敵であるスーパーヴィラン(悪役)がジョーカーです。

過去にジョーカーが出てきた作品と俳優は以下の通り。

バットマン(1989年)/ ジャック・ニコルソン
ダークナイト(2008年)/ ヒース・レジャー
スーサイド・スクワッド(2016年)/ ジャレッド・レト

特に、ダークナイトでジョーカーを演じたヒース・レジャーが撮影後に急死、そしてアカデミー賞助演男優賞を受賞したのは、記憶に残っているのではないでしょうか。

『ダークナイト』でのジョーカーは、ほかの作品同様にバットマンを大きく手こずらせました。

ストーリーとしては銀行強盗をするところから始まり、マフィアに交渉を持ちかけ、バットマンの顔をさらすために暗躍。
なんといってもジョーカーが強敵であるのは、金や名誉が目的のヴィラン(悪人)ではないということ。

ジョーカーの行動原理はバットマンを倒すことなので、そのためには手段を選ばない。
バットマンが顔を晒さざるを得ない状況を作り出していく。

数々の困難の末にバットマンはジョーカーを倒しますが、殺しはしない。
アーカム精神病院送りにしました。

そして今回の映画『ジョーカー』のジョーカーは、大道芸人として暮らしていた孤独な男アーサー・フレックが、狂気のスーパーヴィランであるジョーカーになるまでの物語。

映画『ジョーカー』の予告編ネタバレ

都会で大道芸人として暮らしていた孤独な男アーサー・フレック。

バスの中では退屈そうに乗っている子どもを笑わせようと思うも、子どもの母親に注意をされる。

通っている精神科では最後の面談だと宣告される。
そこでアーサーは抱えている思いを吐露する。

毎回医師からされる同じ質問。

「仕事はどう?」「ネガティブになってない?」

それに対してアーサーはどう感じていたか。

「ネガティブに決まってるだろ」

母からいつも聞かされた言葉。

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」

それを胸にみんなを楽しませようと日々頑張ってきた。

だが、世の中はイカれていた。

自分の精一杯の思いや行動は報われなかった。

アーサーは自分の人生を悲劇だと思っていた。

でも、実は喜劇だと気付いた。

だから喜劇を楽しもう。自分のやり方で。

映画『ジョーカー』本編のネタバレ

大道芸人としてピエロの姿をして働くアーサー

ジョーカーはピエロを仕事にしていた。
アーサーはピエロを演じるための化粧をしながら、ラジオを聴いていた。

ラジオからはゴッサムシティの窮状を知らせる放送が聞こえてくる。

その日は楽器店の閉店セールの看板持ち。
看板を持ちながら踊り、笑い、通行客の呼び込みをしていた。

そこに悪ガキたちが集まってきて、看板を取り上げた。
看板を奪われたアーサーはすぐに悪ガキたちを追いかけていった。

路地裏まで追いかけたアーサーは待ち伏せされた悪ガキに看板をぶつけられる。

看板は粉々になり、アーサーは倒れこむ。
そこに悪ガキたちは何度も何度も蹴りをいれてアーサーを痛めつけた。

ゴッサムの治安の悪さが如実にでた場面だった。

市のカウンセラーである女性に現在の状態をたずねられるアーサー。
気分は良くない、最悪だと伝えた。

そして薬を増やしてほしいと伝えるが、すでに7種類も飲んでいるため、受理されなかった。

アーサーは笑いが止まらない持病を抱えながら母親と安アパートで暮らしていた

バスの中で子どもを笑わせていたが母に注意される。
そこでアーサーは笑いが止まらなくなってしまった。

不審がる母親にある札を見せた。
そこには、脳や神経に負担がかかると笑ってしまう病気であることが書かれていた。

アーサーは職場のボスに呼び出された。
閉店セールの看板が返却されず、楽器店のオーナーが起こっているらしい。

アーサーは悪ガキたちに盗まれてしまったと言ったが、聞き入れてもらえなかった。

家に帰ったアーサー。
古いアパートで、エレベーターに乗り込もうとしたときに親子が乗り込んできた。
親子のうち、親のほうはソフィー。

ソフィーはアーサーに話しかけた。このアパートは最悪だと。
アーサーは同じ気持ちだった。

家の中に入ったアーサー。母親の声が聞こえてくる。

母親は身体が弱いので、アーサーが面倒を見ている。
母親は聞く。「手紙は届いていなかったか」
ゴッサムシティの盟主トーマス・ウェインのお屋敷で住んでいた母親は、トーマスに向けて手紙を書いていたらしい。
現在のこの窮状を救ってもらおうと考えているのだ。
ただ「手紙は届いていなかったよ」とアーサーは返した。

母親に食事をつくり、食べてもらう。そして一緒にベッドの上でテレビを見る。
テレビには、人気テレビ番組の司会者マレー・フランクリンが出ていた。

アーサーは自分がマレー・フランクリンの番組に観覧者として出ていたときのことを思い返す。
番組内でマレーに注目してもらったアーサーは、舞台の上に引き上げてもらった。
そしてマレーに番組を盛り上げてくれたことについての感謝をのべてもらった。

護身用に銃を受け取るアーサー。そして彼は犯罪者になった。狂い出す人生

職場にてアーサーは仕事仲間のランドルから護身用に銃を受け取った。
それは、アーサーが悪ガキたちに襲われたことを知って、彼に自分の身を守ってもらおうと思ったから。

アーサーは銃はいけないと伝えつつも、その銃を家に持って帰った。

アーサーの次のピエロとしての仕事場所は小児病院。
ピエロになりきりながら踊るアーサーの足元から何かが落ちた。

それはランドルからもらった銃だった。
小児病院の中に銃を所持して入ったことに病院側は激怒。職場のボスにそれをすぐ伝えられた。

仕事帰りに電話ボックスでボスからクビを伝えられたアーサー。
失意のまま、電車で家路につこうとしていた。

電車の中で静かに本を読んでいる女性に対し、酔っ払ったビジネスマン3人組がちょっかいをかけていた。
迷惑そうに感じながら、視線でアーサーに助けてほしいと伝える女性。

アーサーは動くことができず、ただそこでいつもの笑いが止まらない発作が出てしまった。
3人組はアーサーの様子に不審がる。女性はその隙に逃げ出した。

3人組は歌いながらアーサーのまわりを囲んだ。
そしてアーサーの荷物を取り上げ、アーサーを床に叩きつけた。

そして3人がかりで蹴る暴行を繰り返した。
先日の悪ガキたちのときと同様に痛めつけられるアーサー。

しかし、前回のときとは状況がちがった。アーサーには武器があった。
突如鳴り響く銃声。3人組のうち、2人はすぐにアーサーによって射殺された。

もう一人も足に銃弾を与えられつつも、なんとか逃げようともがいた。
電車から飛び出て逃げ出そうとしている最後の1人をアーサーは何発もの銃弾で射殺した。

こうしてアーサーを痛めつける者はいなくなったが、彼は犯罪者になってしまった。

ゴッサムシティでピエロ姿の人々によるデモ活動がはじまる

翌朝のニュースでこの3人組はトーマス・ウェインが経営を務めるウェイン産業の証券マンであることが発表された。
そして容疑者はピエロの格好をした人間であることが伝えられた。

この出来事がきっかけで、貧困層から富裕層に対しての不満を爆発させるデモが始まった。
そしてそれはこの事件にインスパイアされたものとして、ピエロの姿をした人たちが増えることになった。

アーサーはある時、同じアパートのソフィーと仲良くなった。
彼女のことをもっとよく知ろうと考えたアーサーは、彼女のあとを尾行していった。

そしてコメディアンがショーをするバーの中で、アーサーは舞台に出ているコメディアンを観察しながら、人を笑わせるためには何が必要なのかを学んでいった。

そしてアーサーはそのショーに出演した。気になっている女性のソフィーも見てくれている。
そこで彼は持病の笑いが止まらない症状を出しながらも、ノートに書いていたネタを披露していった。

アーサーは観客から笑いをとることができた。楽しい時間だった。

ショーを終えたアーサーはソフィーと楽しい時間を過ごした。

告げられる真実。アーサーはトーマス・ウェインの息子だった?

家に帰ったアーサーは、また母親が手紙を書いたので必ず投函してほしいと伝えられる。
自室に入った母親の姿を確認してから、アーサーはこっそりとその手紙に書かれていることを読んだ。

そこには、アーサーは母親とトーマス・ウェインの息子であることが書かれていた。

激怒するアーサー。気持ちを落ち着けてから、母親にこの手紙に書かれていることは真実なのかとたずねた。
母親はその通りだとこたえた。

ゴッサムシティの盟主で政治の世界

映画『ジョーカー』のフル動画を無料視聴する方法のアイキャッチ画像
映画『ジョーカー』のフル動画を安全に無料視聴する方法|字幕・日本語吹き替えあり|JOKERの評判|おすすめの動画配信サービス映画『ジョーカー』(JOKER)字幕・日本語吹き替えのフル動画を無料で視聴したいあなたに。 本記事では映画『ジョーカー』字幕・日本語吹き替えのフル動画を無料で視聴する方法を丁寧に解説していきます。 また、映画『ジョーカー』字幕・日本語吹き替えと合わせて視聴したい映画についてもご紹介していきます。...