YouTuber

【初心者向けYouTuberの撮影機材】私が使っているものをご紹介

YouTuber撮影機材アイキャッチ画像

この記事では、YouTuberの撮影機材として、初心者向けに私が使っているものをご紹介していきます。

質問者さん
質問者さん
YouTuberとして活動したいけど、どんな撮影機材が必要なんだろう?

そんなあなたの疑問にお答えします。

まずは結論から。

イツキ
イツキ
カメラ:スマホでOK
編集:iMovieやスマホアプリでOK

極端なことをお伝えすると、こんな感じです。

私が最初にYouTuberとして投稿を始めた時は、iPhoneで撮影し、Mac用のアプリ「iMovie」で編集をした上で、YouTubeに投稿していました。

いきなり面白い動画を作ったり、クオリティの高い動画を作るのは難しいですが、YouTuberとして動画投稿する習慣を作るには、これで十分です。

伸びているYouTuberが撮影機材にこだわる理由

YouTuber撮影機材
ここでは伸びているYouTuberが、撮影機材にこだわる理由について解説していきます。

YouTube市場全体の動画クオリティが上がってきている

チャンネル登録者数や再生数を伸ばしているYouTuberは、ある程度の撮影機材を整えていることが多いです。

なぜなら数年前と比較して、芸能人も一般人も含めてYouTuberが大幅に増えているから。

視聴者全体の視聴可能時間は増えていないにも関わらず、YouTuberの動画投稿本数が大幅に増えている。

視聴可能時間とYouTuber全体の動画時間図解

そこで今、起こっているのが視聴者の時間の奪い合い。

視聴者は以前よりも、どの動画を見て、どの動画を見ないかの取捨選択を厳しい目でしているのです。

そのため、よりクオリティの高い動画でないと、他のYouTuberさんと比較された時に選ばれなくなってしまうからです。

実際に私も、YouTubeを投稿し始めてから2年間はチャンネル登録者数が100人未満でした。

ですが、動画の方向性をガラッと変えて、よりクオリティの高い動画を作るように心がけたことで、チャンネル登録者数1,000人を突破することができました。

YouTubeチャンネル登録者数

ここからは、実際にいま私が活用しているYouTuberとしての撮影機材をご紹介していきます。

競合と同じようにクオリティの高い動画を作るためには、ある程度の撮影機材が必要になる。

YouTuberとして活用している撮影機材

YouTuber撮影機材

ここでは、YouTuberとして現在活用している撮影機材をご紹介していきます。

カメラ

今、私が使っているのはSONYのミラーレス一眼カメラ「α6400」です。
SONY α6400
SONY α6400

私がこのSONY α6400を使っている理由はこちら。

  • YouTube撮影した時の画質が良い
  • 専用の自撮り棒でVlog風に撮影できる
  • サムネイル用の撮影画像がキレイ

10〜13万円ぐらいでミラーレス一眼カメラを検討していた所、これが一番しっくりきました。

実際にこのカメラで100本以上動画を撮影していますが、非常に使い心地が良いです。

ちなみに、このSONY α6400を使って撮影したMacBookアプリの解説動画はこちら。

そして、このSONY α6400を使って撮影したVlog動画はこちら。

画質が非常に良いのがわかっていただけたかと思います。

これからもしばらくは、SONY α6400をメインのカメラとして使っていこうと考えています。

Amazonで購入する

カメラ用三脚

SONY α6400の専用三脚を探している中、見つけたのがこちら。

SONY GP-VRT2BT。

SONY GP-VPT2BT
SONY GP-VPT2BT

自撮り棒風に握って、Vlogも撮影することができます。

普段は室内で撮影することが多いのですが、外出して撮影することも出てくると思い、このアイテムを購入しました。

三脚時代にリモコンがついているので、録画ボタンを押してスムーズに撮影をスタートすることもできます。

Amazonで購入する

ピンマイク

YouTubeにおいて、音質はとても大事です。

なぜなら音質が悪いだけで、視聴者は離脱してしまうからです。

逆に音質が良いことで、「この人の声が好き」など、好意的な反応をいただくことで、ファンになってくれる人もいます。

私も元々はピンマイク無しで撮影していましたが、視聴者さんから「音質も改善してくれると嬉しいな」というコメントをいただく機会がありました。

そこで、色々とピンマイクを検討しました。

RODEの数万円する良い機材もあるのですが、まずは低コストで録音できる機材を探していた所、このSYNCO Lav-S6Eと出会いました。

SYNCO Lav-S6E

実際に撮影して音質を試してみたところ、非常に良い感触。

その時に、実際にレビュー動画として投稿したのがこちら。

SYNCOのピンマイクをつけて撮影した動画を投稿したところ、改善要望のあった視聴者さんから「音質がとっても良くなりました!」というコメントをいただくことができました。

コストを押さえつつ、パフォーマンスの良いピンマイクを探しているなら、ぜひSYNCO Lav-S6Eを検討してみて下さいね。

Amazonで購入する

パソコン

YouTubeの編集において、パソコンのスペックはけっこう重要です。

もちろんスマホだけで編集を完結することもできますが、クオリティにこだわった動画を作っていく上では、やはりスペックが優れているパソコンが必要。

動画時間や編集要素が増えるほど、動画の容量は大きくなりますし、動画に書き出すスピードも変わってきます。

私は以前、2015年版のMacBook Airを使っていましたが、編集途中で何度もフリーズすることに悩んでいました。

そこで出会ったのがM1 MacBook Air。

M1 MacBook Air

これに買い替えてからは、編集中に一度もフリーズすることがなく、スムーズに書き出しができています。

M1 MacBook Airについてはこちらの動画でもレビューしていますので、ぜひご参考くださいませ。

Amazonで購入する

編集ソフト

YouTubeの編集において、パソコンのスペックと同じぐらい大事なのが編集ソフト。

スマホアプリでも十分可能ですが、よりクオリティの高い動画を作っていく上では、有料の編集ソフトを使うのが便利です。

私は元々MacBookに初期設定で入っていたiMovieを使っていましたが、より編集内容にこだわりたいと考え、Final Cut Proを使うことにしました。

Final Cut Pro

有名な編集ソフトでは、Adobe Premiereもありますが、月額課金制のため、断念しました。

Final Cut Proは3万円ぐらいしますが、買い切りなので、一度支払ってしまえば、あとは使い放題です。

Mac専用の編集ソフトなので、MacBookとの相性も非常に良いです。

これを使い始めてから100本以上動画を投稿していますが、これからもずっと使い続けたいと考えています。

App Storeで購入する

BBクリーム

YouTuberとして顔出しをしない人には必要ないかもしれませんが、男性で青ひげが気になる人にはおすすめ。

メンズ用のBBクリームには色々と種類がありますが、今のところ一番コスパが良いと感じているのがMENCOS。

MENCOS

少量のクリームで十分伸びるので、口元のまわりだけに使うのであれば、毎日撮影に使ったとしても1ヶ月以上は使えます。

MENCOSは、これからもリピート買いしたいと考えている商品です。

Amazonで購入する

最後に

今回は、初心者向けYouTuberの撮影機材として、最低限の用意の場合と、クオリティにこだわる場合についてご紹介させていただきました。

YouTuberとして短期ではなく、中長期で継続していきたいと考えているなら、ある程度の自己投資は必要だと考えています。

私自身もチャンネル登録者数が1,000人を超えて、広告収益が入ってくるようになりましたので、これまでの投資を回収しつつ、さらに良い動画を作っていきます。

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

あなたのYouTuberとしての活動を同志として、心から応援しております。

よろしければ、私のYouTubeチャンネルも登録してみて下さいね。

チャンネル登録する